Twitterがスクリーン共有ソーシャルアプリのSquadを買収

次の記事

現代自動車がBoston Dynamicsを買収、ソフトバンクから80%の株式取得へ

米国時間12月11日、Twitterはスクリーン共有ソーシャルアプリのSquad(スクワッド)を買収することを発表し、そのチームがTwitterの仲間入りをすることを発表した。Twitterが私たちに伝えたところでは、Squadの共同創業者であるCEOのEsther Crawford(エスター・クロフォード)氏とCTOのEthan Sutin(イーサン・スーティン)氏をはじめとするチーム全員が、Twitterのデザイン、エンジニアリング、製品部門に合流する。クロフォード氏は特に、自身が対話領域で製品をリードすることになると述べている。

だが取り込まれないのは、実際のSquadアプリそのものだ。Squadアプリとはユーザーにモバイルやデスクトップ上のスクリーンを共有させ、同時にビデオチャットも行うことを可能にするアプリだった。この機能は企業のプレゼンのユースケースを越えて、友人同士の間にユースケースを見つけようとしたものだ。アプリは明日(米国時間12月12日)シャットダウンされるとTwitterはいう。これは、主に十代の女の子たちで構成されたそのユーザーベースには歓迎されないサプライズだ。

Twitterは、取引の詳細な条件を開示することを拒否した。

画像はTwitterより

このアプリの機能そのものは、Twitterのサービスに自然に適合可能だと思われるが、Twitterはどの技術が取引の一部として取り込まれるのかについては、何も語っていない。これまでもTwitterは、コアのTwitterアプリの外に、別のアプリ機能を持つことには熱心ではなかった。悪名高いVineのシャットダウンは、ユーザーを混乱させたが、そうしたユーザーたちは後にTikTokに集まった者も多い。Vineはアメリカのソーシャルメディア企業にとって素晴らしい成功談であり、おそらく最大の機会損失の1つだった。一方、主に長年にわたって苦しい運営を続けてきたPeriscope(ペリスコープ)は、アプリシャットダウンが近いことを示唆するアプリのコードが発見されたことから考えると、非常に危うい立場にあるようだ。

これまでSquadは、特にSnap(スナップ)と密接に連携していて、同社のSnap Kit開発者ツールの多くをいち早く採用していた。特にSnap KitアプリがSnapchatのユーザーグラフと密接に結びついていることを考えると、Snapの開発者ツールを大量に使用して開発していたことで、Squadの技術をTwitterのインフラに移植する作業はより難しくなったことだろう。

SquadはFirst Round、Y Combinator、betaworks、Halogen Ventures、元TechCrunch編集者Alexia BonatsosのDream Machine、その他多数の投資家から720万ドル(約7億5000万円)のVC資金を調達してきた。2020年のSquadは、丁度よい時期に丁度よい場所にいた。パンデミックが最初に発生したとき、CEOのエスター・クロフォード氏はTechCrunchに対して、そのアプリの利用率が1100%急増したと語った。

その際にクロフォード氏は、ソーシャルアプリが新しい高みに到達することで、しばしば発生するように見える深い落とし穴を避けながら、現代のソーシャルアプリをスケーリングするという課題について長く語った。昨年のTechCrunchが行ったインタビューの中で、彼女のチームは「自分たちがしたことの中の最高のものから学ぼうとしており、くだらないものは排除しようとしています」と語っていた。

また Medium(メディウム)の投稿の中では、クロフォード氏は彼女のスタートアップのエグジットを、投資家たちにより多様な企業家たちを支援するように促すための絶好の機会とみなしている。

「私たちのエグジットが、投資家のみなさまに対して、多様なチームにより多くの資金を投入するように説得できる材料となることを願っています。なぜならこうした成功のひとつひとつが、私たちのように歴史的に資本不足に苦しみ過小評価されてきた起業家たちへの投資が間違っていないということを証明しているからです」と、クロフォード氏はMediumの投稿の中に書いている。「女性や有色人種に投資して下さい。損はさせません」。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:TwitterSquad

画像クレジット:Squad
原文へ
(翻訳:sako)