hokan

保険セールス向けSaaSサービスの「hokan」が2.5億円調達、Sansanと資本業務提携

次の記事

MTGが「レベル・レーシング」などの人気モバイルレースゲーム開発元Hutch Gamesを約390億円で買収

保険セールス向けSaaSサービス「hokan」を開発するhokanは12月14日、シリーズAラウンドにおいて、エクイティファイナンスにより総額2.5億円の資金調達を完了したと発表した。引受先は、リード投資家のArchetype Ventures(既存投資家)、Sony Innovation Fund、Sansan、BEENEXT。テクノロジーを駆使した保険業界のアップデートをさらに推進すべく、併せてSansanと資本業務提携契約を締結したと明らかにした。

調達した資金は、システムの開発・販促体制強化を目的とした人材採用およびセキュリティ・データ活用技術を中心とした技術投資のために利用する。

hokanがメイン事業として展開する保険営業向けクラウド型顧客・契約管理システム「hokan」は、2019年1月に販売開始。週1回以上のアップデートを続けながら、現在は全国31都道府県・127拠点で利用されているという。

2021年に予定されている金融仲介業の規制緩和によって、保険販売に関与する新規事業者が増えることが見込まれており、多事業展開における顧客データ基盤の統一や営業生産性の維持・向上の観点から、現代的な顧客管理システムのニーズはますます増えると予想されるという。

こうした業界全体の成長トレンドもふまえて、同社が掲げる「保険業界をアップデートする」というミッションの実現に向けた取り組みを加速させるべく、資金調達を実施した。

また保険業界の営業活動においては、非対面における新たな顧客との接点構築や関係強化が難しくなっていることや、出会いのきっかけづくりが属人的・根性論的になっているといった課題が存在するという。紙書類をベースとした事務作業も依然として多く存在しており、さらなる業務の効率化が求められている。

そこでhokanは、名刺情報を起点とした出会いから生まれる新たな価値の創出や、アナログ媒体のデジタル化において、圧倒的な技術と実績を誇るSansanとの提携を実施。同社との提携の先には事業化を見据えており、すでに複数の大手保険会社や保険代理店との協議を進めている。

営業活動のDXや紙書類のデジタル化・データ化を通じて、保険業界全体のアップデートと顧客価値向上を目指していくとしている。

関連記事
保険セールス向けSaaSの「hokan」が6000万円調達、保険証券を見える化

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Sansan(企業・サービス)資金調達(用語)hokan保険(用語)日本(国・地域)