ハードウェア
ユカイ工学(企業)
Qoobo(製品・サービス)
ガジェット(用語)

9000円の小さなしっぽロボットPetit Qooboが12月19日発売

次の記事

Pinterestが贈り物選びに役立つ「自分用メモ」やピンの並べ替えが簡単にできる機能などを追加

価格9000円の小さなしっぽロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)が12月19日発売

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学は12月14日、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」(クーボ)の小型版として、「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)を発表した。発売は2020年12月19日予定。価格は税抜9000円。カラーバリエーションは、グリ(灰)、マロン(茶)、ノワール(黒)、ブラン(白)の4色。

価格9000円の小さなしっぽロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)が12月19日発売

「Petit Qoobo」は、Qooboユーザーの「ちっちゃいQooboがいたら、いつでもどこでも一緒にいたい」という声をきっかけに、「連れて歩きやすいサイズ感」、そして、まるで小動物のような動きや存在感を目指して開発を開始。

Petit Qooboの特長は、「なでるとしっぽを振って応える」「外に連れ出せる小さなサイズ」「音や声にしっぽが反応」「さりげなく感じる鼓動」。サイズはW21×D28×H11cm。重量は約600g。充電時間は約4時間で、使用可能時間:約8時間(稼働頻度による)。

価格9000円の小さなしっぽロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)が12月19日発売

「Qoobo」(クーボ)開発プロジェクトは、「疲れて家に帰った時、癒やしの存在が家にいてくれたら…」というユカイ工学のデザイナーの想いをきっかけに、犬や猫のように癒やしを与えてくれるロボットをつくろうと、動物の「しっぽ」に着目し2017年にスタート。

実際のしっぽを研究し、その動きを再現する機構やプログラムの開発を行い、膝に乗せたり抱き上げたりするときにちょうどいい重さやサイズ感、撫でた時の気持ちのいい手触りにこだわったという。2018年11月に誕生したQooboは、日本だけでなく、US・台湾・香港・シンガポールで約1年で累計販売数1.5万匹を突破。賃貸物件でペットが飼えない方、動物アレルギーの方、シニアのご家族がいる方など、癒しを求める多くの方の元に迎えられた。

ひとまわり小さいサイズのPetit Qooboも、Qooboと同じ様に撫でるとしっぽを振って応えてくれるほか、周囲の音や声に反応してしっぽを振ったり、驚いたりするという。

価格9000円の小さなしっぽロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)が12月19日発売

2007年12月設立のユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャー。自社製品の製造、販売ノウハウを元に、顧客の要望に合わせてハードウェアの設計・製造、ソフトウェアやアプリ開発、センサーや部品の調達を迅速、柔軟に対応する体制を整えている。

関連記事
ユカイ工学の猫枕ロボ「Qoobo」に小型・低価格バージョンが登場
日本でも人気のしっぽクッションことPetit Qooboが12月にクラウドファンディングで米国リリース

カテゴリー:ロボティクス
タグ:ガジェット(用語)Qooboユカイ工学日本(国・地域)