Gmail、YouTube、Googleドライブなどが日本を含む複数国で一時ダウン、現在ほぼ復帰

次の記事

NokiaがインドでノートPC「Nokia PureBook X 14」発売、価格約8万5000円

【更新】いろいろなサービス復活し始めているようだが、いくつか問題が残っている(たとえばGmailのアドレスバーが正しく動作しない)。Google(グーグル)にコメントを求めたが、返答は得られなかった。数分前、グーグルはGoogle CloudのTwitterアカウントに「内部記憶容量割り当て問題」のために認証システムが停止したとの理由を投稿をした。

本日、太平洋時間の午前3時47分、グーグルは内部ストレージ容量の問題により、認証システムが約45分間停止しました。ユーザーのログインを必要とするサービスで、この期間に高いエラー率が発生しました。認証システムの問題は太平洋標準時の午前4時32分に解決されました。これですべてのサービスが復元されました。私たちは、影響を受けたすべての人々に謝罪し、この問題が将来再発しないことを保証するために、徹底的な追跡調査を行います。

米国時間12月14日、グーグルのサービスが1時間ほどダウンした。この時間は複数の市場で営業時間に差しかかっており、親会社のAlphabet(アルファベット)の市場前取引株価はわずかに下落した。

これによりグーグルのサービスがどれだけの範囲に及んでいるのか、そして生産性、エンターテインメント、ホーム、ユーティリティなどのサービスのうち、どれだけが単一企業に依存しているのかを思い知らされることになった。また偶然にも、Microsoft(マイクロソフト)のOutlookも問題を抱えている(未訳記事)。

これ以上のアップデートはまだないが、複数のグーグルサービスがダウンしたという情報が拡散している。Gmail、YouTube、Googleドライブ、Googleドキュメント、Googleマップ、Google広告、Google Adsense、Google Pay、Google Home、Google Nest、GoogleのChromecastそしてはヨーロッパ、米国、カナダ、インド、南アフリカ、中南米の国々、オーストラリア、そしておそらくもっと多くの国にて、多数のサービス停止が発生している。

ダウンタイムサイトの指標は、英国時間の午前11時30分頃からサービスが大きくダウンしていることを示している。

Google.com自体はゆっくりではあるが、まだ機能しているように見える。Chromeも同様だ。

一部の人は、Google Accountsの問題ではないかと推測しており、もっと広い範囲の認証問題だと推測する人もいる。すべてがダウンしているときは、Googleサービスをシークレットモードで使用しようとしても機能しなかった。

現在のところ、ダウンに関する説明は公開されていない。しかし、さまざまなサイトで何十億ものユーザーを抱え、インターネット上で最大のトラフィックとアクティビティドライバーの1つに成長したグーグルのシステムとしては、前例のない失敗だ。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Googleシステムダウン

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter)