Dott(企業)

Dottがロンドンとパリで自転車シェア事業開始、電動スクーター以外にもサービス拡大

次の記事

スタートアップバトル グループCは本日12時より放送!

Dottは、ヨーロッパのいくつかの都市で利用できる電動スクーターサービスでよく知られている。その一方で同社は電動自転車にも取り組んでおり、2021年3月にロンドンとパリで自転車シェアリングサービスを開始したいと考えている。

Dottは現在、ロンドンでは事業を行っていない。つまり、今回のロンドンでのローンチは同社にとって16番目の都市でのものとなる。

自転車はDottがデザインしたもので、ポルトガルで組み立てられる予定だ。一枚板のアルミニウムで作られたカラフルなフレームが中心となり、溶接は一切使用されていない。また発泡タイヤの採用により、パンクに強くなっている。

写真のように、フレームに組み込まれているためチェーンは見えない。バッテリーは交換式でDottが行うことができ、車両を充電ステーションに持っていく必要がない。また、ジオロケーションシステムも内蔵されている。

「このヨーロッパ製の自転車は、すべての人をモビリティにアクセスできるようにするという私たちのミッションに沿って設計されいます。当社のマルチモーダル(電動自転車・電動スクーター)サービスには、取り外し可能なバッテリー、安全な充電システム、経験豊富な専門家による操作、体系的な修理とリサイクルが含まれています」と、共同ファウンダーでCOOのMaxim Romain(マキシム・ロマン)氏はリリース文で語った。

Dottは、Uberとの契約(未訳)の一環として2020年5月にJumpを買収したLimeと競合することになる。Boltもまた、いくつかの都市で自転車シェアサービスを運営している。

もちろん、DottはロンドンのSantander CyclesやパリのVélib’のような、従量課金制のドッキングステーション式自転車レンタルスキームと競合することになる。Vélib’はパリだけでも現在40万人の加入者を抱えており、これは補助金によるサービスなので、価格面での競争は難しいだろう。

関連記事:マイクロモビリティで脱自動車を目指すパリ、バルセロナ、ロンドン、ミラノ

カテゴリー:モビリティ
タグ:Dott電動自転車

画像クレジット:Dott

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter