2021年サムスンはさらに多くの折り畳みスマホを投入へ、廉価モデルも登場か

次の記事

Rocket Labが東京の宇宙スタートアップSynspectiveの衛星打ち上げに成功

折り畳みスマートフォンのカテゴリは、難しいスタートから始まった。最初のGalaxy Foldのリリースから15カ月後、Galaxy Z FlipとZ Fold 2が世界で好評を博していることを考えると、Samsung(サムスン)は初代 「GALAXY Fold」 が抱える問題のいくつかを解決する時間がある。

スマホメーカーのさまざまなつまずきのせいか、このフォームファクターはまだ業界により再定義されていないが、意味のある変化には時間がかかる。また、サムスンの折り畳み式ディスプレイへの取り組みに疑問がある場合に備えて、Mobile PresidentのTM Roh(TM・ロー)氏は同社のサイトで来年、2021年のポートフォリオの拡大に言及している。

それが追加のデバイスを意味するのか、あるいはもっと別の意味なのかはまだわからないが、少なくとも1機種のより手頃なモデルの登場を示唆しているようだ。価格がこれらの製品にとって大きな障害になっていることは確かだ。書簡の中で、ロー氏は「1月により多くを共有します」と述べており、これはおそらくCESかサムスンの単独イベントを意味している。

先駆的なモバイルテクノロジーで時代を先取りするというサムスンの伝統を踏襲しながら、今後は折り畳み式製品のポートフォリオを拡大し、この革新的なカテゴリを誰もがよりアクセスしやすいようにします。私たちはすでに革新的なカメラで知られていますが、常にそれを上回ろうとしています。2021年には、超インテリジェントでプログレードのカメラとビデオ機能に注目してください。私たちはまた、Galaxy Noteのエクスペリエンスの中で人々が最も気に入っている点に注目しており、私たちのラインアップの他のデバイスにその機能を追加することを楽しみにしています。

特に衝撃的なことはない。5Gデバイスの競争の中で、焦点は折り畳み画面に加えてカメラに戻ってくるようだ。休暇の後には、より多くが明らかになることだろう。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Samsung折りた畳みスマートフォン

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter