Spotifyが英ヘンリー王子とメーガン妃との複数年のポッドキャスト契約を締結

次の記事

新型コロナワクチンのサプライチェーンを監視するアイスランド企業Controlantに脚光

ポッドキャストの独占配信で競合他社に打ち勝つ最新の試みとしてSpotify(スポティファイ)は米国時間12月15日朝、サセックス公爵のPrince Harry(ヘンリー王子)とサセックス公爵夫人のMeghan Markel(メーガン・マークル)妃が設立したArchewell Audioと複数年契約を結んだと発表した。金銭的な詳細は明らかにされていないが、知名度やこれまでの独占契約の費用を考えると、同社がかなりの金額を支払ったのは間違いなさそうだ。

最初のポッドキャストシリーズは2021年のいずれかの時点で配信される予定で、他のすべてのSpotifyポッドキャストと同様、無料で聴くことができる。しかしそれに先立ち、ArchewellとSpotify傘下のGimletは、公爵夫妻が共催するホリデースペシャルをリリースする。想像通り、これは2020年12月中にリリースされる予定だ。そして契約期間中は、彼らは番組の制作とホストの両方を担当する。

以下は、Spotifyに提供された2人の共同声明だ。

ポッドキャスティングの好きなところは、私たちみんなが時間を割いて本当に耳を傾け、気を散らさずにお互いにつながっていることを思い出させるところです。2020年の課題に直面しているいまほど、重要なときはありません。なぜなら、私たちはお互いの話を聞き、お互いの話を聞くことで、どれだけ相互につながっているかを思い出すからです。

Spotifyはここ数年、数億ドル(数百億円)をかけてポッドキャスティングコンテンツのライブラリーを構築してきた。2020年11月、音楽ストリーミングサービスは広告会社のMegaphoneを2億3500万ドル(約243億6000万円)で買収した。他にもGimlet、The Ringer、Parcast、Anchorなどの買収が注目を集めている。同社はまた、物議を醸したホストのJoe Rogan(ジョー・ローガン)氏と1億ドル(約103億7000万円)を超える複数年契約を結んでいる。

関連記事:Spotifyがポッドキャストのホスティングと広告会社のMegaphoneを約250億円で買収

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Spotifyポッドキャスト

画像クレジット:Dinendra Haria/Anadolu Agency/Getty Images

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter