機械学習で被写体を自動で切り抜く写真背景除去アプリPhotoRoomにAndroid版登場

次の記事

人事プラットフォーム開発のHibobがHRへの新たな取り組みに向け約73億円を調達

米国時間12月17日、フランスのスタートアップのPhotoRoomがAndroid版アプリをリリースした。同社は写真から背景を除去したり別の背景に置き換えたり写真を編集したりする便利な写真アプリを開発している。

iOS版のアプリはすでにリリースされている。Y Combinatorに参加した同社は、年間経常収益が200万ドル(約2億600万円)へと倍増し、シードラウンドでは120万ドル(約1億2500万円)を調達した。

PhotoRoomはインフルエンサー、そして衣料品やファンションアイテムを販売している人々に愛用されている。メインの創作プラットフォームとしてスマートフォンを使っている人々だ。他のプロ向け写真アプリと同様に、PhotoRoomもサブスクリプションで収益を上げている(月額9.49ドル[約980円]、または年額46.99ドル[約4800円])。

PhotoRoomは機械学習で被写体を特定し、被写体とそれ以外の部分を分ける。こうして写真の特定の部分を操作することができる。

画像クレジット:PhotoRoom

PhotoRoomはY Combinator参加後にシードラウンドで資金を調達した。その際にNicolas Wittenborn(ニコラス・ウィッテンボーン)氏のAdjacent fundとLiquid2 Ventures、そして以下の2グループの投資家から支援を受けた。

  • 機械学習に特化したビジネスエンジェル。Facebook(フェイスブック)チーフAIサイエンティストのYann LeCun(ヤン・ルカン)氏、Twitter(ツイッター)の機械学習研究グループCortexの責任者でMagic Poney共同創業者のZehan Wang(ゼハン・ワン)氏、Perceptio創業者のNicolas Pinto(ニコラス・ピント)氏など。
  • モバイルサブスクリプションに特化したビジネスエンジェル。BlinkistのHolger Seim(ホルガー・セイム)氏、RevenueCatのJacob Eiting(ジェイコブ・エイティング)氏、CalmとSpotifyのアドバイザーであるJohn Bonten(ジョン・ボンテン)氏、TangoのEric Setton(エリック・セットン)氏。

このラウンドの資金を得て、PhotoRoomは社員を3人から8人に増やし、ディープラーニングのアルゴリズムに取り組む。PhotoRoomアプリに興味をお持ちの方は、筆者が以前に公開した記事をお読みいただきたい

関連記事:魔法のように被写体を自動で切り抜いて背景を変えられるPhotoRoom

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:PhotoRoom写真写真編集

画像クレジット:Johan Mouchet / Unsplash

原文へ

(翻訳:Kaori Koyama)