建設業向けドローン用ソフトウェアを展開するCLUEが20億円をシリーズBで調達

次の記事

今年一番の技術責任者を決めるCTO of the year 2020の登壇者を発表、スタートアップバトル出身者も登場するぞ

建設業向けにドローンを活用したソフトウェアを展開するCLUEは12月21日、シリーズBラウンドにおいて、第三者割当増資および融資により20億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、リード投資家のSTRIVE、日本郵政キャピタル、環境エネルギー投資、モバイル・インターネットキャピタル、デライト・ベンチャーズ、MAKOTOキャピタル、カシワバラ・コーポレーション、みずほキャピタル、キャナルベンチャーズ、DRONE FUND、中村崇則氏(ラクス 代表取締役 社長)、井上英輔氏(ラクス 取締役)。借入先は、あおぞら企業投資、みずほ銀行など。

調達した資金は、既存事業の開発費、SaaS事業において重要である人材の採用費・人件費、およびマーケティング費用に投資し、既存事業の顧客基盤をさらに拡大する。また、ドローンという新技術の社会実装をさらに加速すべく、新規事業開発への投資を行う。

2014年8月設立のCLUEは、「ドローンが当たり前に飛び交う社会に」をビジョンに掲げ、建設業向けにドローンを活用したソフトウェアを展開。業界特化型のSaaS事業として戸建て物件の屋根外装点検をワンタップで実現する「DroneRoofer」(ドローンルーファー)や、建設現場のDXを推進する「ドローン施工管理くん」を提供している。

現場の声に基づいた直感的で使いやすいプロダクト開発とカスタマーサクセスを強みとし、製品導入後は同社サービスを活用したドローンの業務定着を専門スタッフが手厚くサポートする体制を整えている。

関連記事
米国の禁輸リスト入りしたDJIのプロダクトの米国内販売は継続の見込み
ドローン最大手DJIが米商務省の禁輸リスト入り、ドローンによる監視は人権侵害
Amazonのドローン配送開発チームが組織再編成でレイオフに
ソニーがZMPとの合弁会社エアロセンス製国産ドローン「AEROBO」の導入法人パートナーを募集
ソニーがAIロボティクス領域のドローンプロジェクト「Airpeak」始動、2021年春に事業開始
エアロネクストとANAホールディングスが物流ドローンを共同開発へ、空の産業革命レベル4を目指す
ドローン向けソフト開発のCLUEが3.3億円調達、すでにアフリカでもビジネス展開

カテゴリー:ドローン
タグ:CLUE資金調達(用語)DroneRoofer日本(国・地域)