IBMがマルチクラウドのコンサルティング充実のためヘルシンキのNordcloudを買収

次の記事

不動産管理プラットフォームのRealPageをプライベートエクイティのThoma Bravoが約1兆550億円で買収

IBMは2020年10月に、同社のレガシーであるインフラ管理ビジネスをスピンアウトする計画を発表し、ハイブリッドクラウドに総賭けすることになってから、忙しくなった。米国時間12月21日はその忙しさに拍車がかかり、同社はヘルシンキのマルチクラウドコンサルティング企業であるNordcloudを買収した。買収の価額は公表されていない。

IBMはすでに500社の公認コンサルタントをAWSとAzureとGoogle Cloud Platformに揃えており、Nordcloudもその一環だ。これによって同社は顧客をこれまでのIBM中心のソリューションから、各社に合ったクラウド戦略へ移行させていく。Nordcloudもそのための教育訓練の行き届いたエキスパートスタッフの一員になる。

このようなハイブリッド方式は、2019年に同社が340億ドル(約3兆5160億円)を投じたRed Hatの買収にさかのぼる。それがまさに、このアプローチへの進路を決定した。先月のインタビューでCEOのArvind Krishna(アルビンド・クリシュナ)氏は、CNBCのJon Fortt(ジョン・フォート)氏にそう語っている。クリシュナ氏は現在、彼の会社を全面的に変革するの渦中にいて、今回のような買収がそのプロセスをスピードアップする、と考えている。

Red Hatの買収は私たちに、その上にオープンソースをベースとするハイブリッドクラウド技術を構築するための技術基盤を与えた。しかもそれは、顧客がこの船出に乗り出すときにさまざまな選択ができることがベースになる。この買収の成功が今の私たちに火をつけ、次の大きなステップに進むことができるようになり、マネージドインフラストラクチャサービスを外すことができる。そして会社に今後残るものは、ハイブリッドクラウドと人工知能への完全なフォーカスだけだ。

IBM Global Business ServicesのCOOでクラウドアプリケーションイノベーション担当上級副社長であるJohn Granger(ジョン・グレンジャー)氏によると、IBMの顧客は最近ますます、複数のベンダーとオンプレミスの全域にまたがるリソースの管理でヘルプを求めている。

「Nordcloudの買収で、私たちのクライアントのデジタルトランスフォーメーションを駆動し、IBMのハイブリッドクラウドプラットフォームのさらに幅広い採用をサポートする深い専門家技能を得られる。Nordcloudのクラウドネイティブツールと方法論の体系と人材が強い信号を送出し、IBMはそれを、クライアントのクラウドへの旅路の成功のためにお届けする」とグレンジャー氏は声明で述べている。

買収は当局の承認を得て、2021年の第1四半期に完了する予定で、NordcloudはIBM傘下の企業になり同社のハイブリッドクラウド戦略の継続を支援する。

なお、この買収の前には、いくつかの小さな契約が実現している。たとえば先週はExpertusを買収、そして先月はTruquaInstanaを買収している。これら3社は、デジタル決済とSAPコンサルティング、およびハイブリッドクラウドのアプリケーションのパフォーマンスモニタリングを、それぞれ提供する。

Nordcloudはヘルシンキに本社があり、アムステルダムにもオフィスがある。PitchBookのデータによると、同社は2011年創業で、これまで2600万ドル(約26億9000万円)あまりを調達している。

関連記事
IBMがインフラサービス事業を2兆円規模の独立事業として分社化する計画を発表
IBMがレガシーインフラ事業をスピンアウト、クラウド事業に全面的に舵を切る
巨額買収を完了したIBMはRed Hatの翼で飛翔する

カテゴリー:ネットサービス
タグ:IBMハイブリッドクラウド買収

画像クレジット:James Leynse / Getty Images

関連記事:IBM CEO Arvind Krishna wants to completely transform his organization(未訳)

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa