RealPage(企業)

不動産管理プラットフォームのRealPageをプライベートエクイティのThoma Bravoが約1兆550億円で買収

次の記事

電話・FAX・メールの受発注をクラウドに集約するCO-NECTが2.1億円調達、受発注連動も提供予定

M&Aの多忙な1年は今週末も続いている。プライベートエクイティ企業のThoma Bravo(トーマ・ブラボ)社が、RealPage(リアルページ)社を102億ドル(約1兆550億円)で買収すると発表した。

Thoma Bravoはこの買収によって、ビルや不動産所有者向けの賃借人ポータル、サイト管理、経費管理、財務分析などのフルサービスを提供するRealPageの不動産管理プラットフォームを手に入れることになる。

Thoma Bravoの創設者でありマネージングパートナーでもあるOrlando Bravo(オーランド・ブラボ)氏は、これまでの実績を元にして、RealPageが一緒に仕事をやっていける会社だと考えている。

「RealPage社の業界をリードするプラットフォームは、不動産エコシステムにとって非常に重要であり、今後も大きな可能性を秘めています」とブラボ氏は声明の中で述べている。

RealPage側としては、今後も会社に残る予定のSteve Winn(スティーブ・ウィン)最高経営責任者が、今回の買収は株主にとって大きな勝利であると同時に、株主は製品への投資を継続できるとしている。「これにより、我々は長期的な戦略の実行に集中し、顧客やパートナーにより良い製品やサービスを提供することができるようになるでしょう」とウィン氏は声明の中で述べている。

1998年に設立され、2010年に株式を公開したRealPageは、Thoma Bravoのようなプライベートエクイティ企業を惹き付ける典型的な成長したプラットフォームだ。同社は1万2000人以上の顧客を抱える強力な顧客基盤を持ち、収益もそれなりのペースで成長している。直近の収益報告書では、同社は前年比17%増となる2億9810万ドル(約308億円)の収益を発表した。これはランレートが10億ドル(約1034億円)を超えることを示している。

今回の買収条件では、Thoma BravoはRealPageの株主に1株当たり88.75ドル(約9180円)の現金を支払うことになっている。これは米国時間12月18日の終値67.83ドル(約7016円)から30%以上のプレミアムとなる。この取引は標準的な規制当局の審査を経て行われ、RealPageの取締役会は45日間のGo-Shop期間を設けて、より良い買収提案を見つけることができないかを確認することになっている。今回の取引のプレミアム価格を考えると、その可能性はありそうもないが、試す機会は設けられる。

関連記事:不動産管理のRealPageがIoTのStratisを買収して建物管理を強化

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Thoma BravoRealPage買収不動産テック

画像クレジット:Busà Photography / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)