ゲーム / eSports
AWS Fargate
Amazon Aurora
Amazon Elastic Container Service
Amazon Web Services / AWS(製品・サービス)

AWSが任天堂の「Nintendo Switch Online」に採用されていることを発表

次の記事

Facebookが一度消えたアプリ「Instagram Lite」をリニューアル、インドでテスト開始

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは12月25日、任天堂の「Nintendo Switch」ソフト向け有料サービス「Nintendo Switch Online」において、AWS(アマゾン ウェブ サービス)が採用されていることを発表した。

AWSが採用されることで、任天堂のサービスはゲームプレイの需要拡大に応じて容易にスケールできるようになり、増加するサービス規模に対して柔軟な対応が可能としている。

AWSは2011年から任天堂に採用されており、ニンテンドー3DSやWii Uのオンライン機能においても活用されてきた。Nintendo Switchにおいても、プッシュ通知をはじめ、ゲームをダウンロードできるニンテンドーeショップなど様々な機能でAWSが利用されているという。

Nintendo Switch Onlineは2018年9月に開始。これらの実績が考慮され、AWSは、世界で2600万超える(2020年9月16日発表)会員が利用する「Nintendo Switch Online」にも採用された。

任天堂は、クラウド向けに構築されたMySQLに対応したリレーショナルデータベース「Amazon Aurora」と、コンピューティングエンジン「AWS Fargate」を利用しており、フルマネージド型のコンテナオーケストレーションサービス「Amazon Elastic Container Service」(ECS)でサーバーレスコンピューティングを実現している。

「オンラインプレイ」「セーブデータお預かり」「スマートフォン向けアプリ」などのサービスにAWSを活用。オンラインプレイに対応したタイトルのヒットを契機として飛躍的に伸びた会員数にも対応が可能となったとしている。

AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、ロボット工学、機械学習および人工知能(AI)、IoT、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、VRおよびAR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する175種類以上のフル機能のサービスを提供。

AWSのサービスは、24リージョンにある77のアベイラビリティーゾーン(AZ)で利用可能。これに加え、オーストラリア、インド、インドネシア、日本、スペイン、スイスを含む6つのリージョンにおける18のAZの開設計画を発表している。

関連記事
5852円のAWS向けIoT開発キット「M5Stack Core2 for AWS」が販売開始
KDDIがAWSと5Gネットワークで超低遅延を実現する「AWS Wavelength」提供開始
AWSが新データベース製品BabelfishでMSのSQL Serverを追撃
AWSがECSとEKSサービスをデータセンターに提供、EKSはオープンソース化
PS5と新Xbox発売直前の10月、Nintendo Switchが米国ゲーム機市場を独占
コンテナ仮想化のDockerがAWSと提携しワークフローを改善
Nintendo Switchの販売が年間2100万台と絶好調、10日で世界1177万本売れた「あつもり」超ヒットを受け
サーバーレスとコンテナは両者を一緒に使うのがベストプラクティスだ
Amazonが関係データベースサービスAuroraを立ち上げ、MySQL互換だが最初から高パフォーマンス

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Amazon Web Services / AWS(製品・サービス)Amazon Elastic Container ServiceAmazon AuroraAWS Fargate任天堂 / Nintendo(企業)Nintendo Switch / ニンテンドースイッチ(製品・サービス)日本(国・地域)