リュウグウ(用語)
はやぶさ2(製品・サービス)

日本のはやぶさ2がリュウグウから持ち帰った宇宙のサンプルを見てみよう

次の記事

フォルクスワーゲンが自動走行し電気自動車のチャージも行う充電ロボのプロトタイプを開発

日本の2回目となる野心的小惑星持ち帰りのミッションであるHayabusa 2(はやぶさ2)は目的地である小惑星Ryugu(リュウグウ)から豊富なサンプルを収集した。天文学者をはじめとする関心ある人々が、早く観察したくてうずうずしていることは間違いない。一見したところ単なる木炭のかけらのようだが、それは間違いなく小惑星表面の物質であり、輝いてもいる。

はやぶさ2は2014年に打ち上げられ、2018年に小惑星リュウグウに到着した後、表面状態を検査するために2基の着陸船を送り出した。翌2019年に、はやぶさ2自身も着地し、表面の岩石だけでなくその下層の物質も採取するためにスペースガンで表面を爆破した。長い帰還の旅の後、はやぶさ2はサンプルの入ったカプセルを地球に送り返し、12月5日にオーストラリアの砂漠で回収された。

すべては完璧に遂行されたが、本当に期待する標本を採取できたかどうか、本部の気密室でサンプルコンテナを開くまでチームは確信を持てなかった。内部の物質はいくつかのツイートで予告されていたが、日本時間12月25日、JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency/宇宙航空研究開発機構)はサンプルの画像を公開し、新たな発見と説明を加えた。

まず、「サンプルキャッチャー」自身がリュウグウの堆積物片をともなっていた。おそらく、この物質はコンテナ内部とは異なる環境に曝されていたため、分析すれば違いが明らかになるだろう。


また、サンプルコンテナCには「人工物」が入っているように見える!しかし喜んではいけない、「起源は調査中であるが、サンプル採取のための弾丸打ち出し機構に起因するアルミニウムが混入した可能性がある」とJAXAは述べている。

いい換えれば、おそらくそれは小惑星に弾丸を放って破壊するというあまり優しくないプロセスの際に脱落した探査機の一片だろうということだ。

画像クレジット:JAXA

しかし何よりも重要なのは、予定通り採取された岩石だ。スケールバーからわかるように、大きさは小石ほどだが、この形状と組成につながったあらゆる種類のプロセスの証拠を突き止めるのに十分な大きさだ。さらに、表面の下層から得た微細な土壌や粉末がたくさんあり、科学者らは有機物質と水という我々の知る生命の構成物質の兆候があることを期待している。

ミッションの成功は称賛に値する。そしてチームはリュウグウから持ち帰った物質の研究をまだ始めたばかりだ。我々は、JAXAがこの非常に貴重なサンプルを綿密に分析し、新たな情報を公開するのを待つばかりだ。はやぶさ2 Twitterアカウントは、日々最新情報を知る最良の情報源だろう。

関連記事:はやぶさ2は小惑星リュウグウへの2回目の着地に成功

カテゴリー:宇宙
タグ:はやぶさ2リュウグウJAXA

画像クレジット:JAXA

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook