米連邦航空局の新ルールでドローンにリモートIDを要求

次の記事

日本のはやぶさ2がリュウグウから持ち帰った宇宙のサンプルを見てみよう

FAA(連邦航空局)は米国時間12月28日、米国でドローンを操縦する者の新しい規則を2つ発表した。まず1つは、待望のリモートIDだ。システムは実質的に無人航空機のデジタルナンバープレートのようなものとして機能し、機の位置を含む認識情報をブロードキャストする。

新しい規則の全文がここにある。要約すると、ドローンの運用者がこの規則に準拠する方法は以下の3つとなる。

1. ドローンとコントロールステーションの識別情報と位置情報をブロードキャストする標準のリモートIDドローンを運用する。
2. リモートIDのブロードキャストモジュールのあるドローンを運用する。それは識別情報と位置情報と離陸情報をブロードキャストし、モジュールは後付のデバイスでもよい。
3. FAAの認識領域でリモートIDなしでドローンを運用する。

規則が増えて気に入らない人もいると思うが、実用されているドローンの台数は現在、急速かつ膨大な量で増えているから、規則の導入は当然だ。FAAによると、米国内で登録されているドローンは170万台以上あり、ドローン操縦者の免許は約20万3000名が保有している。特に商用目的のドローンが増えているため、今後台数は雪だるま式に増えていくだろう。

重要なのは、FAAが新しい規則を米国におけるドローンの普及を加速する方法と見なしていることだ。FAAの行政官であるSteve Dickson(ステファン・ディックソン)氏が、このニュースに付随するリリースでこう述べている。「新しい規則は安全性とセキュリティの懸念に対応することによって、ドローンを我が国の空域に今後さらに導入することを可能にする。それにより、荷物の配達用などでドローンをもっと日常的に目にする日が近いだろう」。

もう1つの新しい規則は、「人びとの頭上や夜間の運用」に関する規則だ。それは文字通り、人びとがいる場所の上空や夜間の飛行について規制する。この規則は、重量250グラム以下のドローンなど、対象が何段階かに分かれている。

規則によると「小型の無人航空機は衝撃時に人間に与える傷が、25フィートポンドの運動エネルギーが剛体から加わったときの傷以上の重度であってはならない。人間に当たったときに皮膚に傷が生ずるような、回転部品が露出していてはならない。そのほかの、安全上の欠陥があってはならない」という。

ドローンが夜間飛行するためには、3マイル(約4.8km)先から見える衝突防止ライトを、正常な機能状態で装備しなければならない。規則の公表は2021年1月、発効は60日後となる。ドローンのメーカーは、1年半以内に全機をリモートID装備にしなければならない。8月にFAAはAmazon(アマゾン)に、ドローンによる配達の試行を認可した

関連記事
米国の禁輸リスト入りしたDJIのプロダクトの米国内販売は継続の見込み
Amazonのプライムエア配達ドローンが米当局からテスト飛行認可を取得

カテゴリー:ドローン
タグ:FAA

画像クレジット:Richard Newstead/Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa