NY州がGMOインターネットに初の日本円連動ステーブルコイン「GYEN」の発行を認可

次の記事

シリコンバレーに広がる冷笑主義に対抗する方法はSubstack、Clubhouseそしてマイアミ脱出だ

ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)は、東京のGMOインターネットが、日本円と連動する初のステーブルコインである「GYEN」をローンチすることを認可した。

GMOインターネットは、ドメインホスティングやオンライン広告、同社が世界最大と主張する外国為替取引のプラットフォームなど多様なサービスを提供しているインターネット複合企業で、「GYEN」と米ドルと連動するステーブルコイン「ZUSD」を発行するために、GMO-Z.com Trust Company(GMO Trust)を設立する。どちらも2021年1月、日本国外で販売を開始する。

GMO Trustは発表で、同社は仮想通貨の流動性を確保するために、複数のグローバルなデジタル資産取引所と戦略的パートナーシップを結んでいると述べている。GYENの開発を始めたのは、2018年だ。

ニューヨーク州で仮想通貨の事業活動に参入するためには、2015年6月に発効したNYDFSのライセンスであるBitLicenseが必要だが、GMO Trustはこのライセンスを取得した20数社の中の1社になる。BitLicenseを取得したアジアの企業はほかに、日本のビットコイン取引所bitflyerと香港のデジタルウォレットXapoとなる。

関連記事
バイデン政権は新たな暗号資産の法制化でこの世界を変えることができる
PayPalが仮想通貨の売買サービスを米国で開始、Paxosと提携

カテゴリー:フィンテック
タグ:GMOインターネット日本暗号資産

画像クレジット:Toshiro Shimada/Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa