ユカイ工学

日本から来たネコの尻尾つきロボット枕「Qoobo」を使ってみた

次の記事

アマゾンが米国で第4位のポッドキャストネットワークWonderyを買収

生きていくためにネコ型ロボットが「必要」な人などいないだろう。それにこのロボット枕は「ネコ型」というものの顔がない。ふわふわしているのと尻尾が動くのでネコとわかる。初めて見た人の反応は当惑から熱狂までいろいろだ。

Qooboを直接人に見せたのは数回しかないが、反応はすべて似ていた。まず最初は当惑する。次に「なぜこんなものが存在する必要があるのか」という疑問がくる。そして必ず「これ欲しいけど、どこで買えるのかな?」という質問となる。

オリジナルの大型版を米国で入手するのは当初かなり困難だった。日本の小さい会社(ユカイ工学)がプロダクトを新しい市場に拡大するには各種のハードルがあったためだ。それにこういうニッチなプロダクトが米国で受け入れられるかという疑問もあっただろう。しかし最終的にはまったく問題ないと判明した。

画像クレジット:Brian Heater

製品のユーザーガイドにはこうある。

ふわふわした毛皮のようなパッケージにはかすかに鼓動する心臓が組み込まれており、優しさを提供します。私たちはこれをもっと使うべきです。Indiegogoキャンペーンの成功により、オリジナル版より小型で手頃なサイズの新しいPetit Qooboが実現できました。Petit Qooboは、尻尾のあるクッション型のロボットです。なでられると尻尾が優しく揺れます。

Qooboの機能はこれでいい尽くされている。つまりときどき動く尻尾付きの毛皮枕ロボットだ。強くなでると、強く尻尾を振る。この枕にはマイクが内蔵されており、音を聞き取る(特定の単語を認識するわけではない)ので音で尻尾を振らせることができる。ドアをノックしたり、大音量の音楽を鳴らしたりすることで反応を引き起こせることがわかった。「ハロー」と呼びかけるだけでも尻尾が揺れる。

この記事を書いている現在、Petit Qooboはヒザの上にいる。これはなかなか心を癒やす効果がある。もちろん本物のペットの代わりにはならない。しかし私のペット(上の写真のウサギ)は記事を書いている間、ヒザの上でじっとしていてくれない。それにQooboならなでるのを止めても抗議されない。単に尻尾の振れが止まるだけだ。

このロボットは長くなでていると「スリープ状態」になる。たぶんバッテリーを節約するためだろうと思う。充電ポートは、印象を詳しくは述べないが、ともあれ尻尾の近くにある。外周のジッパーを開いて毛皮部分を取り外せるのでクリーニングが可能だ。

画像クレジット:Brian Heater

尻尾を作動させるメカニズムはうるさくはないが、アクチュエータの作動音がはっきり聞きとれる。実はこの音はなかなかかわいらしい。ただし枕として使っているときは多少問題になる。Qooboのもう1つの巧妙な機能は、静かに押すと起動される心臓の鼓動だ。尻尾のアクチェータの作動音にかき消されることもあるが、ともあれ落ち着きをもたらす効果がある。

日本には魅力的なセラピーロボットの伝統があり、Qooboもこの系統の一部だ。ベビーあざらし型のパロは90年代にさかのぼる。入院患者や幼児をリラックスさせ、快適にするようにデザインされている。これは本物の動物を使う場合のデメリットを避けながら、アニマルセラピー利点を生かそうとする試みだった。パロ・プロジェクトは最終的に15億円以上の開発費を要する大がかりなものとなった。ユカイ工学のQooboとは規模がまったく異なる。

画像クレジット:Brian Heater

しかしその効果には共通点もある。我々の脳にはふわふわしたものをなで、鼓動を聞きたがるよう配線されている部分がある。一見奇妙なこの小さなロボットには確かに効果がある。記事を書く間、ヒザにこれを乗せているとすこし落ち着きがもたらされた。実際、「少しの落ち着き」こそ我々が現在もっとも必要としているものに違いない。

関連記事:9000円の小さなしっぽロボットPetit Qooboが12月19日発売

カテゴリー:ロボティクス
タグ:ガジェットQooboユカイ工学日本レビュー

画像クレジット:Brian Heater

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook