その他
建設 / 建築(用語)
Katerra(企業)
ソフトバンク / SoftBank(企業)

2065億円を使い果たした建設業改革のKaterraがソフトバンクから救援資金206億円を獲得

次の記事

Flashの最後の日、Adobe自身がサポートを停止

報道によるとソフトバンクグループは、Katerraを救済するために2億ドル(約206億5000万円)を投資している。The Wall Street Journalによると、同社は垂直統合によって建設産業を改造しようとしていた。

Katerraの株主は米国時間12月30日にこの新しい投資を承認し、ソフトバンクからの新たなライフラインは、日本のテクノロジー複合企業が同社にこれまで注ぎ込んだおよそ20億ドル(約2065億円)に上乗せされることになる。

Katerraを倒産から救う資金は、ソフトバンクのVision Fund 1から供出される。WSJによると、KaterraのCEOであるPaal Kibsgaard(パール・キブスガード)氏は株主宛のメッセージでそう述べている。

さらにWSJによると、今回の投資の一環としてソフトバンクが融資している金融サービス企業Greensill Capitalは同社の株式の5%と引き換えにおよそ4億3500万ドル(約449億1000万円)の債務を帳消しにする。

この新たな金融支援は、ソフトバンクがKaterraの救済に乗り出す2020年だけでも2度目の救援措置となる。WSJによると2020年5月には、石油サービスの開発企業Schlumbergerのトップだったキブスガード氏を同社の財務回復のために招聘し、そのための資金としてSoftBankは2億ドルを注いでいる。

Katerraは2015年のローンチ以来これまで、この日本のテクノロジー複合企業から複数回、数億ドル(数百億円)のラウンドを調達している。2018年には、8億6500万ドル(約893億9000万円)を調達(未訳記事)して、そのときKaterraは商用ビルと住宅建設の両方で13億ドル(約1342億2000万円)の契約があり、一部には病院や学生寮もあると主張していた。大きな数字ではあるが、U.S. Census Bureau(米国国勢調査局)によると建設業への支出総額は2018年の11月だけでも1兆ドル(約103兆円)であるため、13億はわずかな額だともいえる。

Katerraは、一部のプロジェクトで工事の遅れやコスト超過に悩まされた。またWSJによると、同社がその会計処理に見つけた不統一性が、頭痛に輪をかけた。

しかし、そういう問題がありながらKaterraの経営は順調で、同社がWSJに与えた数字によると2020年の売上は15〜20億ドル(約1548億8000万〜約2065億円)といわれるている。

カテゴリー:その他
タグ:SoftBank GroupKaterra建築

画像クレジット:Katerra

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa