ARで簡単に紛失物を探し出せるウルトラワイドバンド搭載トラッカーをTileが準備中

次の記事

LINE PayがApple Pay対応記念キャンペーン開始、LINEポイント最大1200ポイントをプレゼント

Tile(タイル)は、2021年に新製品を発表する準備を進めている。Apple(アップル)の待望のAirTag、そしてSamsung(サムスン)製を含む今後マーケットに投入される他の紛失物追跡サービスのライバルになるものだ。これまでのTileのトラッカーは、ユーザーが置き忘れた鍵など紛失物の場所を特定できるようにするのにBluetoothを活用してきたが、新製品では紛失物を見つけるのにウルトラワイドバンド(UWB、超広帯域無線)テクノロジーを駆使する。また、Tileモバイルアプリを通じてユーザーを紛失物の場所まで誘導するのに拡張現実(AR)を活用する。

UWBテクノロジーはiPhone 11モデルとiPhone 12モデル、そしてサムスンの最新デバイスを含むいくつかのAndroidデバイスで利用できる。

BluetoothやWi-Fiと同様、UWBは短距離のワイヤレスコミュニケーションプロトコルだが、かなりの高周波を使用している。空間および方向のデータをとらえるのに使われるもので、Tileのトラッカーのような紛失物を探すデバイスにとって役立つ。

アップルは2020年、サードパーティーのデベロッパーが同社のU1チップにアクセスできるようにした(iMore記事)。このチップは、iPhoneが「NearbyInteraction」フレームワークを通じて空間認識できるようUWBテクノロジーを使っている。Tileが今後発表する新製品でどの程度新しいフレームワークを使っているかは明らかではなく、先の報道によると同社は特にアップルとの協業で秘密保持契約を結んでいるようだ。

新製品コンセプトのイラストをみると、TileのUWBモデルはTile MateやTile Proなど他の小型トラッカーと似たような外観だ。四角形で中央にボタンがあり、粘着テープで取りつけられるよう背面はフラットになっている。そして他のTile製品と同様、キーチェーンにも取り付けられる。

コンセプト図(画像クレジット:Tile)

通常、Tile製品は鍵やリモコン、ハンドバッグ、ダッフル、荷物、持ち運びする小さなものに取り付けたり、電化製品や自転車のような大きめのデバイスに貼り付ける。紛失物が近くにある場合はBluetoothで、ずっと遠くにある場合にはTileの「community find」ネットワークで場所を特定できる。後者の場合は、紛失モードにセットされたTileトラッカーの場所を特定するのにユーザーのスマホにインストールされたTileアプリを活用する。紛失アイテムが見つかった時には、持ち主に通知がいく。この機能により、たとえばTileユーザーは誤って飛行機に置き忘れてきたものの位置を特定したりできる。

一方、新しいトラッカーは紛失物特定のプロセスをこれまでよりも簡単にするためにUWBを使う。

UWBは空間認識能力があるため、ユーザーがトラッカーの発信音を拾えないときでも屋内外で紛失物の場所を特定できる。これは紛失物がソファのクッションなど何かの下に埋もれているとき、あるいはタンスのようなものの中にあるときにも役立つ。また2階建、3階建といったフロアが複数ある家のような大きな空間で簡単に紛失物を見つけることも可能だ。

ユーザーは、TileアプリでARが使えるカメラビューを立ち上げることができる。これは方向を示す矢印や紛失物の場所のARビューなどのオーバーレイを使ってユーザーをその場所まで誘導するものだ。

コンセプト図(画像クレジット:Tile)

Tileの計画に詳しい情報筋によると、TileはiOS、Androidデバイス両方で使える新トラッカーを2021年後半にリリースする予定のようだ。価格はまだわからない。Tileはもちろん今後もBluetooth活用の人気デバイスの販売を続ける。というのも、マーケットに出回っているスマートフォンの多くはまだUWBに対応していないからだ。最新デバイスのみこのテクノロジーが使える。

Tileはこれまで紛失物トラッカーのマーケットをリードしてきたが、2021年はサムスンやアップルといったスマホブランドから新製品がリリースされることが予想されており、Tileは競争激化に直面することになる。

2020年に開催されたサムスンのGalaxy Unpackedバーチャルイベントで、同社は新SmartThings FindアプリにUWBを搭載する計画を明らかにした。1月4日の週に認証機関NCCに提出された画像の中には、今後発売されるSamsung Galaxy SmartTagトラッカーがあった。そのデバイスは四角形で、キーチェーン取り付け用の穴が空いているなどTileトラッカーにかなり似ている。

一方で、アナリストのMing-Chi Kuo(ミン-チー・クオ)氏による新たな調査分析によると、アップルはTileと競合する製品AirTagを2021年に発表する。アップルはすでにAirTagの存在を認めていて、また公式のサポートビデオで紛失物トラッカーに意図せず言及した。AirTagのリーク画像も今週出回り始め、AirTag発売は「間もなく」とするレポートに勢いを与えている。

UWBを搭載したトラッカーはTileがマーケットをリードする位置を保つのに貢献するかもしれない。2020年時点でTileは2600万ものTileデバイスを販売し、1日あたり195カ国で約600万のアイテムの位置を特定している。Tileのウェブサイトには、同社のデバイスは230カ国・地域で使える、とある。この規模でTileはマーケットを引っ張る存在だ。しかしアップルのAirTagは、同社の「Find My」アプリとしっかり連携するというファーストパーティのアドバンテージがあるかもしれない。ただし懸念されることもある。Tileは2020年の独禁違反の公聴会で、アップルが競争に勝つためにいかに自社プラットフォームやマーケットパワーを行使しているかに言及した。

TileのUWBデバイス計画は現時点で公にされていない。

「製品のロードマップについてコメントできませんが、当社は常に顧客エクスペリエンスの改善と、紛失物探しの弱点の解決を模索しています」とTileの広報担当はTecCrunchに語った。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Tileトラッカー

画像クレジット:Tile

原文へ

(翻訳:Mizoguchi