飛行機から軌道上にロケットを打ち上げるVirgin Orbit2度目の挑戦は1月10日以降に

次の記事

最終的にニューヨーク証券取引所は中国の通信大手3社を上場廃止に

Virgin Orbitは2021年の新年を祝う暇もなく、フライトテストの再開に余念がない。軌道上実証飛行の次のデモンストレーション打ち上げの機会を得ており、それは米国時間1月10日から始まり、今月いっぱいまで続く。今回は2020年5月に行ったテストの続きだが、前回はLauncherOneロケットが軌道に到着する前、輸送機のCosmic Girlを離れた直後に終わった

このミッションは必ずしもVirgin Orbitが期待していたほどのものではなかったが、小さな衛星打ち上げ企業にとっては画期的な出来事であり、飛行中の機体性能に関する大量のデータ収集に役立った。LauncherOneは搭載されている安全装置が自動的に停止する前に、ロケットブースターに一時的に点火することができた。同社は2020年末までにこの2度目のテスト飛行を計画していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)を含む問題のためにウェットドレスリハーサル(基本的には、燃料を満タンにした状態での飛行に至るまでのすべての過程を通したものだ)まで行うことができた。

次のミッションでは再び軌道上への打ち上げが試みられるが、今回はNASAという顧客のペイロードを実際に搭載するため、多少リスクが高くなります。搭載物にはいくつかの衛星に関する科学実験やデモを行うための小さな器具類が含まれており、特別にミッションプロフィール(打ち上げが失敗しても大きな損失にはならない)には選ばれているが、実際に目的地に到着すればみんなが幸せになるものでもある。

打ち上げ時期の性質上、Virgin Orbitはカリフォルニア州のモハーベ航空宇宙港から離陸する前に、可能な限り条件が良くなるのを待つことになるため、1月10日が最も可能性の高い打ち上げ時期であると考えていいだろう。成功すればVirgin Orbitは、これまで軌道上に到達した民間の小型打ち上げ機のエリートグループに仲間入りすることになる。そのため、Cosmic Girlが実際にLauncherOneを装着した離陸は、業界の注目を集めることになるだろう。

関連記事:Virgin Orbit初の軌道飛行テストは輸送機からの離脱直後に異常終了

カテゴリー:宇宙
タグ:Virgin Orbit

画像クレジット:Virgin Orbit

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa