FAAが超音速機の商業飛行再導入に向けたフライトテストに関する規則を発表

次の記事

早ければ今週にもGoogleのiOSアプリにApp Storeのプライバシーラベルが追加される見込み

米国連邦航空局(FAA)は超音速機の商業飛行の再導入へと道を開くための新たな最終規則を発表した。FAAは超音速機の飛行試験の承認を得ようとしている企業のためのガイダンスを提供しており、これにはサブスケールの超音速機のプロトタイプを完成させ、2021年中に飛行試験を開始したいと考えているBoom Supersonicのようなスタートアップも含まれている。

Boom Supersonicは5000万ドル(約52億円)の資金調達ラウンドの最終段階にあり、これまでの資金調達は約1億5000万ドル(約150億円)に達し、超音速デモンストレーターのXB-1を2020年10月に発表している。このテスト機は同社の超音速旅客機ことOvertureよりも小型だが、飛行に関する基本技術の実証に使用され、その後にBoomが提携航空会社と2025年の共同展開を目指しているOvertureの開発に利用される。

Hermeusを含む他のスタートアップ(未訳記事)も、商業利用のための超音速機を開発している。一方、SpaceX(スペースX)やVirgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)のような宇宙飛行に焦点を当てた他の企業は超音速飛行だけでなく、地球の大気圏外縁部での飛行を含むポイントツーポイント飛行でフライト時間を劇的に短縮し、長距離飛行をはるかに短いほぼ地域的な飛行に変える可能性を模索している。

FAAの規則の最終決定は、現在の米運輸長官のElaine Chao(イレーン・チャオ)氏がPete Buttigieg(ピート・バティジーグ)氏を次期大統領候補に選出するために退陣するときから水面下で準備されてきた。FAAの最終規則の全文はここで読むことができる。

関連記事:超音速旅客機の商用化を目指すBoom Supersonicがデモ機XB-1を披露

カテゴリー:モビリティ
タグ:FAA超音速機

画像クレジット:Boom Supersonic

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter