フードロスと戦うToo Good To Goが32億円を調達、米国市場への拡大を狙う

次の記事

保守派が集うアプリParlerがGoogle Playで削除、AppleのApp Storeも削除予定と報道

廃棄物になる直前の、まだ十分販売できる食品を消費者が購入できるようにするスタートアップToo Good To Goが、3110万ドル(約32億3000万円)の資金を調達した。このラウンドをリードしたblisce/は、1540万ドル(約16億円)を投資した。既存の投資家や従業員たちも参加した。創業からすでに4年あまり経つが、同社がVCから資金を調達するのはこれが初めてだ。

Too Good To Goは、数年前からヨーロッパ数カ国で事業を展開している。食品廃棄物に焦点を当てたマーケットプレースを運営している。一方ではレストラン、食料品店、ベーカリー、その他の食品会社が余剰食材を提供しているが、まだ十分販売できる状態の食品を消費者に提供するという事業も行っている。

食材ビジネスは余剰食品から多少の売上を得ることができ、顧客は魅力的な価格で食品を購入可能で、十分口にすることができる食品を破棄する量が減るため、三者ともwin-win-winな事業だ。もちろんわずかながら手数料を得るToo Good To Goにとってもwinなものだ。

CEOのMette Lykke(メット・リッケ)氏が2020年9月の本誌記事(未訳記事)で本誌記者のIngrid Lunden(イングリッド・ランデン)に、今日では生産される食品の1 / 3が無駄に捨てられている、と語っている。だからこそそこには、大きな市場機会がある。同社は順調に成長してきたが、パンデミックで売上は落ち込んだ。レストランの多くが店を閉め、多くの消費者が在宅を選んだ。

9月の本誌記事でリッケ氏は、新型コロナウイルス感染症で(COVID-19)でToo Good To Goの売上は62%落ちたが、会社をたたむほどではないと述べている。

Too Good To Goは現在、15カ国で事業を展開しており、これまでに5000万食分の食品を節約し、6万5000社がToo Good To Goに何かを販売し、登録ユーザーは3000万名いる。

Too Good To Goすでに、米国進出というこれまでで最大の拡大に取り組んでいる。ヨーロッパと同じように、米農務省の経済調査サービスによると、毎年数千万トンもの食品が無駄に捨てられており、それは食品の総供給量の30〜40%に相当する。

同社の操業は極めてローカルであるため、米国では特定の大都市圏で事業を開始する。2020年9月にはニューヨークとボストンの両市で操業をスタートした。その後、ニュージャージー州の一部にも拡大している。

同社は米国だけでも15万名のユーザーを惹きつけ、600社の事業者が協力している。これまでの販売量は、5万食分に相当する。まだ小さな数字だが、この四半期は米国のレストランや食料品店にとって、通常の四半期ではなかった。

同社の進化は今後、どうなるだろうか。今回の新たな資金調達で米国の市場を拡大できるため、長期計画も立てやすくなっている。

カテゴリー:フードテック
タグ:Too Good To Go資金調達フードロス

画像クレジット:Too Good To Go

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa