多様性・インクルージョンを評価するデータ駆動型プラットフォームKanarysが3.1億円調達

次の記事

AWSが愛国者の拠点となったソーシャルメディアParlerに対し日本時間1月11日午後のサービス停止を通告

Mandy Price(マンディ・プライス)氏は、1年少し前にKanarys(カナリス)を立ち上げるために2人の共同創業者と一緒に起業家精神を身につけるまでは、すでに弁護士として個人事務所で大きな成功を収めていた。

ハーバード・ロー・スクールの卒業生である彼女にとって、企業のダイバーシティとインクルージョンへの取り組みの成果をハードデータを使って測定するための支援を行う会社を起業する必要はなかったが、立ち上げる必要があると感じたという。

会社を立ち上げてから1年が経過した現在、ファストフードのYum Brands(ヤム・ブランズ)、バスケットチームのDallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)、百貨店のNeiman Marcus(ニーマン・マーカス)といった十数の企業がサービスを利用しており、その拡大を支援するため同社は300万ドル(約3億1000万円)のシードファンディングを調達した。

プライス氏にとって、Kanarysを立ち上げようと思ったきっかけは、彼女自身が法律の世界で働いていた経験にある。きっかけとなったのは彼女自身の成功に対する同僚からの些細な嫌がらせや賃金の格差、さりげなく見下した態度ではなく、彼女の経験はユニークなものではなく、何千人もの他の女性やマイノリティが毎日同じ経験に直面していることを知っていたからだった。

「私は職場で、他の多くの女性や有色人種の女性が経験してきたことと同じようなことをたくさん経験してきましたが、自分の子供たちにも同じような経験をさせたくなかったのです」とプライス氏は語る。

そこで、自身もダラス地域の連続起業家である夫のBennie King(ベニー・キング)氏と、テキサス大学オースティン校とハーバード大学の同級生であるStar Carter(スター・カーター)氏とともに、プライスは2019年後半にKanarysを立ち上げた。

同社は、雇用機会均等委員会に提出されるレポートや昇進、採用、福利厚生を含む様々なポリシーの評価を利用して、同業他社との比較でその企業のパフォーマンスを追跡調査している。

「我々が目にする不公平の多くは、構造的・体系的な観点からのものです。Kanarysは、企業がどのように不公平を持続させているかを見極めることができます」とプライス氏は述べている。

Kanarysはまず企業の方針や慣行の独立した評価から始め、四半期ごとに顧客の従業員を対象に調査を実施して、企業が掲げた達成目標をどの程度クリアしているかを確認する。また、既存の人事システムと統合して、給与の公平性や昇進などを追跡する。

このサービスは、同社の300万ドルのシードラウンドを主導したZeal Capital Partners、Rise of the Rest Seed Fund、Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)、Jigsaw VC、Segal Venturesから支援を得た。

「組織は通常、個別の介入によってこの問題に対処しようとしてきました」とプライス氏は述べる。「我々が主張しているのは、両方の面から対処しなければならないということです。見られる不公平の多くは、組織的・体系的なポリシーや慣習に基づいています」。

Kanarysは顧客のためにダイバーシティとインクルージョンの取り組みに関する情報を追跡するだけでなく、求職者のためにGlassdoorのような約1000社を含むデータベースを提供している。その焦点は労働者の満足度だけでなく、従業員が勤務先のダイバーシティへの取り組みをどのように見ているかにある。

特筆すべきは、Kanarysの創業者たちは事業を立ち上げ、ベンチャーキャピタルを調達する(あまりにも少ない)黒人起業家の仲間入りをすることだ。同社が提供するデータによれば、2017年の調査では、米国で調達されたベンチャーキャピタルの98%は男性が占めていた。一般的に黒人起業家が受けるVC出資の割合は1%未満で、黒人女性創業者は、ベンチャーキャピタルの資金調達のわずか0.6%(CNN記事)を占めている。

「ビジネスにおけるDEI(Diversity・Equity・Inclusion、多様性・平等・インクルージョン)に焦点を当てることは、従業員のために正しいことであるだけでなく、ビジネス的にも良い意味を持つことがわかっています」とKanarysの創業者兼CEOであるプライス氏は声明で述べた。「KanarysのDEI データは、ダイバーシティ目標とインクルージョンプログラムに関連した実際の横断的なメトリクスを使用して、正確かつ即時に情報に基づいた意思決定を行うことを初めて可能にし、最終的にはビジネス目標の底上げにつながります」。

カテゴリー:パブリック / ダイバーシティ
タグ:Kanarys資金調達DEI

画像クレジット:TechCrunch/Bryce Durbin

原文へ

(翻訳:Nakazato)