iSpotはAce Metrixを買収し広告測定プラットフォームを拡大

次の記事

ロボティクスキットとZoom授業による自宅学習で子どもたちにSTEMスキルを教えるThimble

ISpot.tvが米国時間1月14日、Ace Metrixを買収したことを発表した。テレビやビデオの広告効果の測定を行う2社が、これで統合する。

ISpotの創業者でCEOのSean Muller(ショーン・ミュラー)氏によると、両社にはお互いを補完するソリューションがある。ミュラー氏は「単純にいうと、企業が広告を買う理由は2つしかない。1つは事業の成果を伝えることであり、もう1つはブランドの知名度と好感度とインパクトを上げるためだ」とミいう。

ミュラー氏によると、これまでのiSpotは最初の部分で強く、テレビとストリーミングの両方で広告のリーチと会話率を測定してきた。一方Ace Metrixは、広告が消費者の感情に与える効果を測定する。そこで両社が合体すれば「1つのプラットフォームで完全なソリューションを提供できる」という。

マーケターたちは控えめにいっても、目まぐるしく変化するニュースの情況に対応しようと苦労しているため、広告が与えるブランドのインパクトを測定することがこれまでになく重要になっているとミュラー氏は語る。

「今の企業は政治をはじめ、ありとあらゆることに何かをいうことを強制されている。しかも、そんなメッセージがどのように受け止められているかを理解することが決定的に重要だ。クリエイティブの作品に投資するときには、メッセージの照準がぴったり合っていることと、狙ったとおりの感情を喚起することが特に重要だ」とミュラー氏。

Crunchbaseによると、Ace MetrixはHummer Winblad Venture PartnersやWPP、Palomar Ventures、Leapfrog Venturesなどから、これまでに2500万ドル(約25億9000万円)を調達している。

買収の財務的条件は公表されていないが、iSpotによるとAceの45名の社員は同社に参加し、総勢で240名の社員数になるという。AceのCEOであるPeter Daboll(ピーター・ダボル)氏は、iSpotのチーフストラテジーオフィサーになる。Aceのロサンゼルスのオフィスは、そのまま残る。iSpotの本社はワシントン州ベルビューにある。

ミューラー氏によると、AceのSaaSの年商は「数千万ドル(数十億円)の上半分の方(つまり50億円以上)であり、キャッシュフローは黒字」とのことだ。両社の顧客を合わせると500社以上になる。

「両社の統合は迅速に行いたい。すでにその作業を始めています。我々は、ワン・カンパニーでワン・ビジョンの会社になり、AceのプロダクトはiSpotのプロダクトの一環になる。ただし、それらのプロダクトからAceの名前は外しません」とミューラー氏は語っている。

カテゴリー:その他
タグ:iSpot広告買収

画像クレジット:iSpot.tv

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa