ネクストミーツの「フェイクミート」が「焼肉ライク」のデリバリー専用焼肉弁当に採用

次の記事

台湾3Drensがフリートオペレータによる車両使用の効率化を支援

ネクストミーツの「フェイクミート」が「焼肉ライク」のデリバリー専用焼肉弁当に採用

「焼肉のファストフード」をコンセプトにした「焼肉ライク」は1月15日、全店舗で展開中の大豆を用いた焼肉用の代替肉をデリバリー限定商品(Uber Eats、出前館、menu、wolt)としても販売すると発表した。

ソイ焼肉弁当:税込1080円(サラダはつかない)

ソイ焼肉弁当:税込1080円(サラダはつかない)

ソイ焼肉サラダ(NEXTカルビ&NEXTハラミ):税込1290円(ごはんはつかない)

ソイ焼肉サラダ(NEXTカルビ&NEXTハラミ):税込1290円(ごはんはつかない)

  • ソイ焼肉弁当:税込1080円(サラダはつかない)
  • ソイ焼肉サラダ(NEXTカルビ&NEXTハラミ):税込1290円(ごはんはつかない)
  • ソイ焼肉サラダ(NEXTカルビ):税込950円(ごはんはつかない)
  • ソイ焼肉サラダ(NEXTハラミ):税込950円(ごはんはつかない)
  • トッピングソイ焼肉カルビ50g:税込410円(サラダはつかない)

焼肉ライクは、2020年10月の渋谷宇田川町店を皮切りに、焼肉用代替肉(フェイクミート)の「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」を販売。想定以上の反響を受け、2020年12月から全店舗(2021年1月15日時点で国内50店舗)で展開しているという。ヴィーガンの方や健康志向の方など、多くの方から支持を得ている人気商品となっているそうだ。

これを受けて同社は、店頭やおうちでも選択肢が増えればと考え、デリバリー販売に至ったという。また、通常の焼肉弁当にトッピングで追加して、フェイクとリアルの食べ比べを楽しむこともできるとした。

なおこの焼肉用代替肉は、ネクストミーツが開発したもの。植物性タンパク質(大豆)を原料としたプラントベース食品で、一般的な焼肉と比べると脂質が半分以下で、タンパク質は約2倍になるとしている。

実施店舗

  • 東京都:赤坂見附店/田町芝浦店/渋谷宇田川町店/新宿西口店/新宿南口店/五反田西口店/上野店/神保町店/御茶ノ水店/ 飯田橋店/吉祥寺南口店/東久留米店/立川通り店/八王子楢原店
  • 千葉県:松戸南花島店/船橋ららぽーと前店
  • 神奈川県:海老名さがみ野店/横浜荏田店/平塚四之宮店/相模原若松店
  • 埼玉県:大宮東口店
  • 群馬県:前橋天川店
  • 大阪府:堺東店
  • 京都府:京都河原町蛸薬師店
  • 兵庫県:尼崎店
  • 新潟県:新潟駅前店

2019年4月設立の焼肉ライクは、「1人1台の無煙ロースター」を導入し、自分のペースに合わせて好きな部位を好きなだけ自由に楽しめる焼肉ファストフード店。「1人でも色々な部位を注文できる」「女性1人でもお店に入りやすい」「提供3分以内だから時間に余裕がなくても行ける」といった焼肉の常識を覆す、まったく新しい焼肉の楽しみ方を提供するとしている。2021年1月15日時点で、国内50店舗を展開している。

関連記事
タコベルも新メニューでBeyond Meatの代替肉を採用、Beyond株急上昇中
D’Yquemが大豆ミート利用の新しい唐揚げ「KARAAGE2.0」を販売開始、3種のフレーバー用意
セブン&アイが大豆たんぱく活用の代替肉を使ったハンバーグ商品をイトーヨーカドーなど約500店で発売
ネクストミーツの「フェイクミート」が焼肉チェーン49店舗で日本初の焼肉用代替肉として販売開始
フェイクミート開発のネクストミーツが代替肉によるレトルト牛丼を9月28日発売
DAIZの発芽大豆由来植物肉がフレッシュネスバーガーの「THE GOOD BURGER」に採用

カテゴリー:フードテック
タグ:食品(用語)代替肉 / 植物由来肉(用語)ネクストミーツ焼肉ライク日本(国・地域)