米運輸省が政府GPSを置き換えられるか11社を評価、全ユースケースに対応できたのは1社だけ

次の記事

グーグルがインドで個人ローンアプリの悪用を受け多数削除、悪質な取り立てで自殺も

米国防総省によって運営されている米国のGPSシステムは、ポジショニング・ナビゲーション・タイミング(PNT)として知られているものに関し、我々一人ひとりに重要なインフラストラクチャを提供している。ポジショニングとナビゲーションは地図アプリを開くたびに明らかだが、タイミングもGPSの重要な機能だ。これにより、スマートフォンやデバイスに精密なタイミングが提供され、計算プロセスが正確に同期されるようになる。

経済のより大部分がこれらのシステムに依存するようになり、GPSスプーフィングを通じてますますハッカーのターゲットとなってきている政府は、このセクターのさらなる冗長性と回復力を目指しており、GPSシステムの一部を増強またはバックアップするために商業的な代替手段を使用することを検討してきた。

米運輸省は、2018年度の国防承認法案に追加された議会の委任に基づき、既存のインフラのバックアップとして機能する可能性のある、政府所有・運営のGPSに代わる商業的な代替案の包括的な評価を行った。

この調査で検討された11社の中には、2019年に2600万ドル(約27億円)のラウンド資金を調達したSatelles、1年前のFortressからの出資1億2000万ドル(約124億6000万円)を含む総額3億ドル(約311億5000万円)近くの資金調達を行ったNextNav、Crunchbaseによると2020年に小規模なシードラウンドを調達したHellen Systemsなど、著名なポジショニングスタートアップが多数含まれていた。

457ページにわたる、異なるPNTプラットフォームを評価するために研究者グループが検討した14の基準をすべて含めた米運輸省の完全なレポートは、こちらで読むことができる。

概要としては、性能やコストに大きな差はあるものの、GPSの妥当なバックアップ機能を提供している会社は複数存在するということだ。研究者らによると、「すべて(の技術準備レベル)を満たしたベンダーは、少なくともいくつかのPNTのパフォーマンスに価値があることを実証したが、ベンダーの中でNextNav1社だけが、すべての適用可能なユースケースシナリオでパフォーマンスを実証した」と述べている。

さらに米運輸省の研究者らは「どのシステムも、GPSとその拡張機能によって提供されるポジショニング・ナビゲーションを万能にバックアップすることはできない」と述べている。GPSが満たす幅広いニーズを考慮して、彼らは「多種多様なポジショニング・ナビゲーション技術」を使用して、このインフラに冗長性と回復力を加えることを推奨している。

最後に、コストの決定は非常に複雑であることに変わりはない。異なるポジショニングシステムの動作方法を考えると、各システムの固定費と変動費は、希望するカバーエリアと必要な送信機密度に大きく依存する。研究者らは、初期の見識を提供する初期データをいくつか提供しているが、異なるシステムの費用対効果について、明確な意見を出すことはできなかった。

GPSの重要性と企業や政府が信頼性の高い代替手段を求めていることから、近年、VCはPNT分野に多額の資金を投じている。今回、機能性と実用性の点で、どのベンダーが潜在的に勢いがあるかについて、いくつかのハードデータが出てきたといえる。

関連記事
トランプ政権が新大統領令でGPSの防衛目指す
NextNavが高層ビル内でのポジショニング技術を展開するために132億円を調達

カテゴリー:セキュリティ
タグ:GPS

画像クレジット:MR.Cole_Photographer / Getty Images

原文へ

(翻訳:Nakazato)