DiDiモビリティジャパン
Didi Chuxing / 滴滴出行(企業)

タクシー配車サービスの「DiDiモビリティジャパン」が52億円調達、ソフトバンクグループとのシナジー強化

次の記事

通信衛星オペレーターの英OneWebがソフトバンクなどから約1450億円調達

DiDiモビリティジャパンAndroid版iOS版)は1月18日、ソフトバンクとDidi Chuxing(滴滴出行。ディディチューシン)より総額52億円の資金調達を1月15日に完了したと発表した。

今回の資金調達により、PayPayをはじめとしたソフトバンクグループ企業とのシナジー強化、乗客の移動の利便性向上および、タクシー事業者の営業効率や売上の向上を実現する新たなプロダクト開発、日本におけるタクシーアプリのさらなる浸透に向けたマーケティング投資を行い、日本の消費者とタクシー業界の方々へ新しい価値の提供を目指す。

DiDiモビリティジャパンは、日本においてタクシー事業者や関係省庁などと連携し、革新的なタクシー配車プラットフォームサービスを提供することを目的として、ソフトバンクとDidi Chuxingからの出資により2018年6月設立。2018年9月より大阪でタクシー配車サービスを開始し、現在は北海道、東京、神奈川、大阪、福岡、沖縄など14の都道府県でサービスを展開している。

関連記事

ソフトバンクがリードするラウンドでDiDiの自動運転開発子会社が540億円調達
中国Didiはほどなく自律運転配車を運用開始、2021年までには中国外への展開も狙う
トヨタが650億円超を出資しDidiとモビリティサービスの合弁会社を設立
ソフトバンクが滴滴出行と合弁会社を設立ーータクシー配車プラットフォーム提供へ

カテゴリー:モビリティ
タグ:資金調達(用語)ソフトバンク / SoftBank(企業)Didi / 滴滴出行DiDiモビリティジャパンPayPay日本(国・地域)