ネットサービス
政治・選挙(用語)
ホワイトハウス / whitehouse.gov(用語)
Joe Biden / ジョー・バイデン(人物)
アクセシビリティ(用語)

バイデン新大統領就任でホワイトハウスのウェブサイトも刷新、ダークモード採用などアクセシビリティが大きく向上

次の記事

「ノーコード」チャットボットビルダーのLandbotがシリーズAで約8.3億円調達

米国大統領の行動や取り組みをまとめた公式サイト「WhiteHouse.gov」は、就任したばかりのバイデン大統領の下で、まず最初に変更されるものの1つだ。最近流行のダークモードが用意されたほか、読みやすいように大きな文字に切り替えられるなど、ウェブ管理者はサイト全体を最新のアクセシビリティガイドラインに適合させることを約束している。

見た目は前政権時代のサイトとそれほど変わっていない。どちらもかなりモダンでミニマルなデザインで、大きな写真をトップに掲げ、カテゴリを掘り下げていくと優先事項やお知らせのリストが整然と並んでいる。

画像クレジット:White House

しかし、多くの人が喜びそうな新政権による大きなデザインの変更点は、ダークモード(ハイコントラストモード)と大きな文字に切り替えるトグルが用意されたことだ。

ダークモードというものはずっと前から存在していたが、Apple(アップル)が少し前にiOSmacOSのシステム全体に採用したときから、一般的なものになった。目が疲れにくいといわれているが、実際の効果はともかく、ユーザーに選択肢が与えられるのは歓迎すべきことだ。

WhiteHouse.govのダークモードは、見出しの文字が愛国的なブルーから目に優しいオフホワイトに変更され、リンクは落ち着いたからし色になる。ホワイトハウスのロゴ自体も、背景がダークブルーから、ホワイトの縁取りがついたブラック一色に変わる。すべて非常にセンスの良い配色ではあるものの、どちらかというとハイコントラストというよりも、ローコントラストモードのように見える。

大きな文字のモードは、「Large Font Size(大きなフォントサイズ)」とあるように、すべての文字がかなり大きくなり、タップやクリックが簡単になる。表示を切り替えるためのトグルが目立ちすぎるともいえるが、そのうち調整されるだろう。

スペイン語版も用意された。それを母国語としている何百万人もの米国人から歓迎されることは間違いない。これは以前のホワイトハウス / カサブランカ(スペイン語で「白い家」という意味)のページにはなかった。

より前向きなのは、アクセシビリティのセクションにある公約だ。

すべての人に向けたアクセシビリティへの取り組みは、このサイトのすべての機能とすべてのコンテンツが、すべての米国人にとって確実にアクセシブルにするための我々の努力から始まります。

我々の継続的なアクセシビリティへの取り組みは、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)バージョン2.1、レベルAA基準に準拠することを目指しています。

WCAGガイドラインは、視覚に障害を持つ人、聴覚に障害を持つ人、マウスやタッチスクリーンを簡単に使用できない人でもコンテンツに簡単にアクセスできるように、ウェブサイトをデザインするためのベストプラクティスを列挙している。このガイドラインを満たすことは特に難しいわけではないが、多くの人が指摘しているように、最初からアクセシビリティを考慮してウェブサイトをデザインするよりも、既存のウェブサイトを後からアクセシブルにすることの方が難しい。政府機関のサイトはアクセシブルであることが求められるが、その適合レベルはサイトによってばらつきがある。

私が気づいた点の1つは、ホワイトハウスのウェブサイトに掲載されている写真の多くには、altテキストや目に見えるキャプションが添付されていることだ。これは視覚に障害を持つ人が画像の内容を理解するのに役立つ。以下はその一例だ。

画像クレジット:White House

このaltテキストは通常、画像に達するとスクリーンリーダー(音声による画面の読み上げ機能)で読み上げられるが、一般には見えないようになっている。以前の管理者が制作したサイト(ここにアーカイブされている)は、メタデータが削除されたのでなければ、私がチェックした写真には説明文がなかったので、これは大きな改善だ。ただし、残念なことに一部の写真(フロントページの大きなトップ画像など)には説明文がないので、これは修正されるべきだろう。

それ以外のアクセシビリティに関しては、ガバナンス項目やお知らせにプレーンテキスト版(PDF版やその他の形式ではなく)を速やかに用意すること、公式動画やその他のメディアにキャプションを加えること、そしてチームが指摘しているとおり、サイトを訪れるすべての人にとってより良いものにするための多くの小さな改善を続けることだ。

政権交代にともなうさまざまな変更に比べれば、ある意味では小さなことではあるが、小さなことが積み重なって大きなことになるものだ。

Microsoft(マイクロソフト)のIsaac Hepworth(アイザック・ヘップワース)氏が指摘しているように、まだまだやるべきことはたくさんある。だからこそ、米国政府デジタルサービス (USDS)は、ソースコードに小さなメッセージを隠しているのだ。

画像クレジット:White House

もしあなたがこれを読んでいるなら、より良いサイトに作り直すためにあなたの力を貸してください。https://usds.gov/apply

興味のある方は、こちらから申し込みを

関連記事
macOS 10.14には、新しいダークモードとApple Newsアプリが入るらしい
障がい者が開発段階から参加して使いやすい製品デザインを目指すFableプラットフォームとは?

カテゴリー:ネットサービス
タグ:ジョー・バイデンアクセシビリティホワイトハウス政治・選挙

画像クレジット:White House

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)