中国のeスポーツプロバイダーVSPNが海外展開に向け約62億円調達

次の記事

愛国者の拠点となったソーシャルメディアParlerのAWS復帰要求を裁判所が却下

eスポーツの「トータルソリューションプロバイダー」VSPN (Versus Programming Network)は6000万ドル(約62億円)のシリーズB+ラウンドをクローズした。本ラウンドにはProspect Avenue Capital (PAC)、Guotai Junan International、Nan Fung Groupが参加した。

中国ではeスポーツは巨大な産業で、eスポーツ会場など関連のエリアにも産業が拡大している。その中国でVSPNはeスポーツ競技会を開催している。同社は主要なトーナメント主催者であり、数多くのトップ競技会のための放送局でもある。同社は中国のeスポーツトーナメントの70%超と提携している。

同社は「B+」資金調達ラウンドの3カ月前に、Tencent HoldingsがリードしたシリーズBラウンドで1億ドル(約104億円)を調達したばかりだ。

今回のラウンドで調達した資金はとりわけ、海外でのeスポーツサービスに手を広げるのに使われる。

VSPNの創業者でCEOのDino Ying(ディノ・イン)氏は声明文で次のように述べた。「eスポーツ産業は初期段階をすぎ、新たな時代に入りつつあります。2022年、VSPNは多様化したeスポーツプロダクトやコンテンツを披露することを楽しみにしています。また、パンデミック終焉までの日を指折り数えています」。

PACの共同創業者Ming Liao(ミン・リャオ)氏は「資本市場における唯一無二の企業としてVSPNは財務管理で有名です。こうした信任はVSPNの今後の展開にとって強固な基盤となります」とコメントした。

Guotai Junan Internationalのプライベートエクイティ責任者であるXuan Zhao(シュアン・チャオ)氏は「当社はVSPNの鋭いマーケット見識ならびにチームの格別な事業モデルについてかなり楽観的です」と述べた。

Nan Fung GroupのCEO室のマネジングディレクターMeng Gao(メン・ガオ)氏は次のように話した。「VSPNの現事業モデルの強化、そして新興のサービスとeスポーツストリーミングエコシステムの急速な開発推進を支える投資ラウンドに参加できることを光栄に思います」。

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:VSPN資金調達

画像クレジット:VSPN

原文へ

(翻訳:Mizoguchi