宇宙
Virgin Orbit(企業)

ヴァージン・オービットがオランダ初の防衛衛星を打ち上げ、航空機を使った同社の柔軟な打ち上げ能力を実証へ

次の記事

エグゼクティブだけでなく幅広い管理職にコーチングを届けるSounding Boardが13.6億円調達

Virgin Orbit(ヴァージン・オービット)は軌道打ち上げの成功後も、歩みを緩めるつもりはない。同社は、オランダ王立空軍(the Royal Netherlands Air Force、RNAF)のペイロードの打ち上げを発表したばかりだ。これはオランダ国防省が開発した初の衛星で、さまざまな通信実験のテストプラットフォームとして機能する小型衛星だ。

この衛星が 「BRIK-II」 と呼ばれるのは2機目だからではなく、RNAFが所有し運用した最初の飛行機である「BRIK」にちなんで名づけられたからだ。このミッションはVirgin Orbitがデモンストレーションに成功した後の最初の商用運用の1つで、年内に打ち上げられる予定だ。さらにこれは相乗りミッションとして計画されており、他のペイロードも加わるとことになる。おそらく米国防総省が、VirginOrbitの同省向け防衛産業子会社であるVOXSpaceと協力して、ミッションに何かを追加するかを計画している

今回のミッションは、ロケット打ち上げ市場におけるVirgin Orbitの独自の優位性示す重要なデモンストレーションとなる。そのうちの1つは、小型通信衛星を打ち上げる際に米国防総省とその同盟国の防衛機関が、宇宙分野でどのように協力できるかを示すことだ。同社はまた「後期ペイロード統合」機能を披露する機会としてミッションを使用する。これは、打ち上げ直前にLauncherOneロケットにペイロードを追加する能力を意味する。

今回の飛行では準備期間が十分に用意されているため、後期ペイロード統合を行う必要はないが、Virgin Orbitのロケットの魅力の1つに、離陸高度までロケットを輸送するキャリアジェットが滑走路を離れる直前に、迅速にロケットに衛星を追加できることがある。このデモはRocket Lab(ロケット・ラボ)やSpaceX(スペースX)などの、ロケット市場における他社のサービスとの違いを示すのに役立つだろう。

関連記事:ヴァージン・オービットが改造747からロケットを宇宙へ発射する様子を公開

カテゴリー:宇宙
タグ:Virgin Orbit

画像クレジット:Virgin Orbit

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter