Nomad(企業)
料理 / クッキング(用語)

クラシックな炭火焼きとモダンなアイデアが融合したNomadのスーツケース型炭火焼きグリル

次の記事

Twitterが学術研究者向けの新しいAPIプラットフォームを公開

ダラスを拠点とするNomad(ノマド)は、古典的な調理方法を現代化した。とはいっても、ネットにつながったりスマート機能を搭載しているわけではない。Nomad Grill & Smoker(グリル・アンド・スモーカー)は昔ながらの炭火焼きグリルを、気の利いた工業デザインできれいなかたちに収めてポータブル化したというもの。同時に、上級者レベルの調理も可能ながら、初心者でもおいしい炭火焼きが作ることができる。

基本仕様

Nomadのグリルの外観は、映画の撮影班が持ち歩いていそうな洒落た機材ケースと、最新のMac Proなんかをかけ合わせたような感じだ。一体鋳造されたアルマイト加工のアルミニウム製で、外側は耐久性に、内側は保温性に優れている。サイズは縦横およそ60cm、厚みが約24cm、総重量は約13kg。中に収まるステンレスの鋳造グリルが基本セットに含まれる。

13kgはちょっと重いように思えるが、Nomadの調理面積を考えれば非常に軽いほうだ。グリル1枚でフタができるモード(スモークができる)でおよそ1370平方cm、オープンモードなら約2740平方cmまで広げられる。グリルをもう1枚追加購入すれば、両面を使って調理ができる(網焼きのBBQ向き)。

ケースには、頑丈な二重ラッチ式の留め具が2つと、持ち運ぶことを考えて強化型のハンドルが備わっている。本体を置いて調理する際には、シリコン製の滑り止めが表面を保護してくれる。手でスライドさせて、空気の流れと炎の強さを調整できる磁石式の通気口が両脇にそれぞれ1つずつある。

デザインと性能

画像クレジット:Nomad

Nomadのデザインは思いのほかシンプルだ。言ってしまえば金属の箱なわけだし。しかし、その中をちょっと覗くだけで、非常に高度な仕組みが見てとれる。外側が高温にならない二重構造もその1つ。調理する人にとって安全であるばかりか、実際に調理する際の置き場所も、素材による制限をあまり受けない。ポータブルグリルにとって、それは大きな長所だ。

特にグリルは熱伝導のいいハニカムデザインで、わずかにドーム状に盛り上がっているため、下の炭火からの距離が稼げるようになっている。取り外しができ、本体には磁石で固定される仕組みだ。これは持ち運ぶ際に安心できる。少々ぶつけても、中のものが散乱しない。

もう1つの大きな特長は、少々細かいことのようだが、ケースに取り付けられた温度計だ。グリルの温度がひと目でハッキリとわかる。アナログ式なので電池もいらない。これも持ち運ぶ際にはありがたい。

実際、グリルは優れた炭火焼きグリルに求められる要素をすべてを備えている。このサイズのポータブル式にしては驚くべきものだ。1つぜひお薦めしたいのは、チムニー型の火起こし器だ。これがあれば火起こしがずっと楽になる。どんなバーベキューコンロを使うときでもかなり重宝する。

画像クレジット:Nomad

私はスモークをした際に、Nomadの性能に本当に感心した。フタを閉じると一定の温度を長時間保ってくれる。調理具合を調整したいときも、本体に備わっている通気口で簡単に温度調節が行える。炭火から食材までの適切な距離も、すばらしい味わいを与えてくれる。

まとめ

Nomad Grill & Smokerの価格は599ドル(約6万2000円)だ。かなり高価に感じられるが、市場では、便利でありながらこれだけの性能を提供してくれる唯一の存在だ。家でも旅先でも、Nomadは趣味の料理人の道具一式にぜひ追加したい1台だ。その気になれば据え置き型の炭火焼き専用グリルに置き換えることも可能な、オールインワンの助っ人になる。

関連記事:アウトドアクッキングの人気メーカーWeberがスマートクッキングのJuneを買収、Weber会長はJuneの大ファン

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Nomad料理

画像クレジット:Nomad

原文へ

(翻訳:金井哲夫)