コーチェット

コーチング習得プログラム「CoachEd」が1億円超を調達、システム開発・マーケティング体制強化

次の記事

グーグルがゲームのロイヤリティプログラムを巡るインドの混乱を受けてPlayストアの規約を更新

コーチング習得プログラム「CoachEd」が1億円超を調達、システム開発・マーケティング体制強化

コーチング習得プログラム「CoachEd」(コーチェット)を手がけるコーチェットは1月29日、既存株主を中心とした第三者割当増資および借り入れによる、総額1億円超の資金調達を発表した。また、新経営体制として、COO兼プロダクト責任者として吉田健吾氏、CCO兼マーケティング・社内コミュニケーション設計責任者に立山早氏が就任したと明らかにした。

今後は、システム開発体制およびマーケティング体制を強化し、より多くのリーダーが「人を生かし育てる」リーダーになるためにコーチェットのサービスを届けるべく、積極的な投資を行っていく。

CoachEdは、人を生かし育てるリーダーになるための、コーチング習得プログラム。プロのコーチからコーチングを受けて自己認識を深めながら、同時に人を生かし育てるコーチングスキルを身に付けられる、3カ月間のマンツーマンプログラムという。

集合研修型ではなく、マンツーマンで専属トレーナーが寄り添いながら、一人ひとりの目標や成長課題に合わせてカリキュラムをパーソナライズするため、確実な変化を期待できるとしている。

関連記事
エグゼクティブだけでなく幅広い管理職にコーチングを届けるSounding Boardが13.6億円調達

カテゴリー:EdTech
タグ:コーチェットコーチング(用語)資金調達(用語)日本(国・地域)