Workday(企業)
Peakon(企業)

企業事務サービスWorkdayが従業員フィードバックのプラットフォームPeakonを約733億円で買収

次の記事

2画面スマホ「LG VELVET」は画面が曲がる先進性より、折り畳める実益を重視する方にお勧め

人事、財務、給与計算など企業の基幹事務をクラウドで提供するWorkdayは、米国時間1月29日、いくつかのビッグニュースとともに業務を開始した。同社は従業員のためのフィードバックプラットフォームのPeakonを現金7億ドル(約733億)で買収する。

パンデミックから学んだことの1つは、企業や団体は従業員とのより強力な結びつきを作るための、新しい方法を必要としていることだ。Peakonはまさにそれを提供する。Workdayの共同創業者でCEOのAneel Bhusri(アニール・ブースリ)氏は「昨年、従業員の生産性を維持し、彼、彼女たちの意欲を維持するためには、その感情を常に把握することが重要であることが明らかになりました。PeakonをWorkdayファミリーに迎えることは、私たちの顧客にとってとても魅力的なことでしょう」と、声明で述べている。

従業員と顔を合わせるミーティングがなくなった2020年、管理職たちはずっと新型コロナウイルスや在宅勤務など、あらゆる試練や困難が従業員たちにどのような影響を与えたのかを理解するのに苦労していた。

しかし従業員の感情の動きを知ることは、危機のときだけでなく常に重要なものだ。大企業の管理職は、企業規模が大きくなればなるほど、会社で起きていることに対する理解が難しくなることを知っている。毎週、アンケートを行い会社の内外の問題を把握しようとしている会社もある。彼らにとって良質なデータを集めることがすべてだ。Peakonは6年前のスタート以来、顧客はプラットフォームを利用して1億5300万以上の質問をしている。

PeakonのCEOで共同創業者のPhil Chambers(フィル・チェンバーズ)氏は、Workdayを理にかなったパートナーだと考えている。「Workdayは、ユーザーがデータを活用できるよう支援する点で優れています。両社が協力することで、ユーザーの生産性向上、人材の育成、従業員の維持を促進し、従業員が組織とやり取りする方法を統一することができます」と、買収を発表するWorkdayのブログで述べている。

Peakonは2014年にコペンハーゲンで創業した。Crunchbaseのデータによると、その後6800万ドル(約71億2000万円)を調達。最近のラウンドは、2019年3月の3500万ドル(約36億7000万円)のシリーズBとなる。この取引は現四半期の終わりまでには、規制当局の検査を経て完了するものと予想されている。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:WorkdayPeakon買収

画像クレジット:Workday

原文へ

(文:Ron Miller、翻訳:Hiroshi Iwatani)