マスク着用中でもApple WatchでiPhoneのロック解除が可能に

次の記事

ミャンマーでインターネット接続が急速に低下、国軍がスー・チー氏ら与党幹部を拘束

Fitness+のAirPlayでのサポートに加えて、米国時間2月1日に配布されたiOS 14.5のデベロッパーベータでは、同モバイルオペレーティングシステムにいくつかの重要な新機能が追加されている。間違いなく最も重要なのは、フェイスカバーやマスクを着用しているユーザーのためのApple Watchによるロック解除機能だ。

この待望の機能は、これまで広く普及していなかったマスクがパンデミックにより世界各地で着用されるようになった約1年後に登場した。もちろんApple Watchは昔からMacのロックを解除する機能があったので、今回の統合はかなり理に適ったもののように思える。

iOS 14.5からApple WatchユーザーはiPhoneのFace IDとパスコードの設定より、ロック解除を選択できるようになる。この機能を有効にすると、Apple Watchは触覚によるブザーを鳴らし、装着者に端末のロックが解除されたことを知らせる。この機能を利用するにはApple Watchのロックを解除し、iPhoneに近接している必要がある。

もう、人前でマスクを下げるはない(Touch IDに懐かしさを感じている人もいるだろうが)。

この追加機能は、iOSの一般ユーザー向けバージョンのリリース時に組み込まれることだろう。また、Siriに緊急連絡先への呼び出しを依頼する機能や、開発者の許可が必要なアプリのトラッキングコントロールも含まれている。さらに新しいXboxとPlayStationのゲームコントローラーのサポートも追加されている。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleApple WatchiPhoneiOS

画像クレジット:Jaap Arriens/NurPhoto / Getty Images

原文へ

(文:Brian Heater、翻訳:塚本直樹 / Twitter