ハードウェア
スマートウォッチ(用語)
ガジェット(用語)
wena
IoT(用語)

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」がMAMORIO対応、置き忘れ防止通知・位置確認が可能に

次の記事

アドビがウェブ版AcrobatにPDF内のテキストと画像を編集する機能を追加

ソニーは、スマートウォッチ「wena 3」向けに最新ソフトウェア「バージョン 1.61JP」の配信を始めました。

今回のアップデートで最大のトピックといえるのは、「wena 3」がMAMORIOに対応すること。万が一「wena 3」を紛失した場合、MAMORIOアプリから「wena 3」の位置確認ができるだけでなく、置き忘れを防ぐ通知機能や、MAMORIO社の遺失物発見システム「クラウドトラッキング(特許取得済)」、全国700路線以上の鉄道・バス事業者及び商業施設に設置されている「MAMORIO Spot」などの各種機能を利用して探せるようになります。

このほか、今回のアップデートでは日付表示が実際と異なる場合がある事象や、iOS端末との接続性についても改善するとのことです。

ちなみに「wena 3」とは、タッチ対応有機ELディスプレイやFeliCaなどを搭載した時計バンドで、普通の腕時計に取り付けることにより、どんな腕時計でもスマートウォッチのように使えるようになるという製品。基本的には腕につけているものなので頻繁に紛失するとは考えにくいですが、取り外した際にうっかり紛失してしまった……なんて場合にはMAMORIOアプリが役立ちそうですね。

MAMORIOによると、今回のアップデートは MAMORIO Inside(あらゆるものがもともとMAMORIOの機能を持って生まれてくる)の取り組みの一つとのこと。今後はMAMORIOのIDを他のBluetooth製品に付与していくことで、より見つかりやすく、失くしにくい世界の実現を目指したいとしています。

Engadget日本版より転載)

関連記事
サムスンがTileのライバルとなる紛失防止用トラッカー「Galaxy SmartTag」発表、米国では1つ約3100円
ARで簡単に紛失物を探し出せるウルトラワイドバンド搭載トラッカーをTileが準備中
ソニーがSuica決済とAmazon Alexaに対応した新型スマートウォッチ「wena 3」発表
アップルが未発表の忘れ物防止タグ「AirTags」の存在をうっかり証明してしまう
JR東日本、紛失防止タグMAMORIOを本格導入 51駅にアンテナ設置
紛失防止タグのMAMORIO、シール型の「FUDA(フューダ)」を6月1日に発売

カテゴリー:ハードウェア
タグ:IoT(用語)wenaガジェット(用語)スマートウォッチ(製品・サービス)Sony / ソニー(企業)トラッカー(用語)MAMORIO日本(国・地域)