Clearview AIの顔認識技術はカナダでもプライバシー侵害で違法

次の記事

カリフォルニア最高裁がギグワーカーを個人事業主に分類するProp 22を違憲とする訴訟を棄却

物議を醸し出している顔認識技術のClearview AIが、カナダ人の写真を断りなく無許可で収集したとして、同国政府直属のプライバシー監視団体から有罪を宣告された。

ニューヨークに本社のある同社は1年前に、30億以上の人の顔の写真を集めたと主張し、警察など法執行機関との関係を自慢して、派手に報道された。しかし同社はソーシャルメディアのサイトを同じく無許可でスクレイピングして大量の批判を浴び、FacebookやLinkedInやTwitterなどは同社に停止命令を送り、それを止めさせようとした。

カナダのプライバシー委員会(Office of the Privacy Commissioner)は声明で、調査の結果Clearviewは「個人の知らないうちに、あるいは個人の同意を得ずに、きわめて機密性の高い生体情報を収集した。」しており、同スタートアップは「カナダ人の個人情報を不適切な目的のために収集、使用、および開示したものであり、同意によって適切に提供することができないもの」と述べている。

Clearviewは反論し、カナダのプライバシー法は適用されない、なぜなら同社はカナダとの「現実的で実質的なつながりがない。スクレーピングした画像は一般的に公開されているものであり、同意は必要ない」と主張している。

これは、同社の法廷闘争の続編になる。というのも同社はすでにイリノイ州で、バイオメトリック保護法違反で集団訴訟に直面している。その州法は2020年に、Facebookに対して5億5000万ドル(約578億7000万円)の罰金を支払わせることとなった。

カナダのプライバシー監視当局はClearviewの主張を退け、カナダ人への情報収集の中止や以前に収集した画像のすべての削除などの勧告に同社が従わなければ「他の行動を取る」と述べている。

Clearviewは2020年7月に、その技術をカナダの顧客に提供中止を発表した。しかしながら、すでに王立カナダ騎馬警察とトロント警察が同社の技術を使用していやた。

「Clearviewがやっていることは大規模な監視であり、違法だ」とカナダのプライバシー委員会のDaniel Therrien(ダニエル・テリエン)氏はいう。「これは個人のプライバシーの権利を侵害するものであり、社会のすべての構成員に広範な害を及ぼす。これはまったく受け入れられるものではない」。

Clearview AIの弁護士であるDoug Mitchell(ダグ・ミッチェル)氏は次のように述べている。

「Clearview AIの技術はカナダで利用できず、カナダでは運用されていない。いかなる場合にもClearview AIが集めるものはインターネット上の公開情報のみであり、それはカナダの情報保護法PIPEDA(Personal Information Protection and Electronic Documents Act)により明示的に許可されている。連邦控訴裁はプライバシーに関する裁定で、「一般に公開されている情報は広い意味での一般市民が利用できアクセスできる情報である」と述べている。ここには、これと異なる基準を適用すべき理由は存在しない。Clearview AIは、カナダでの活動を許されているGoogleなどの大企業と同じく、公開データを集めている検索エンジンにすぎない」。

関連記事
セキュリティの欠如で顔認識スタートアップClearviewのソースコードがすべて漏洩
米移民局や検察局などが採用中の顔認識技術が一般企業にも売られていた

カテゴリー:セキュリティ
タグ:Clearview AIカナダ顔認証プライバシー

画像クレジット:Design Cells/Getty Images

原文へ

(文:Zack Whittaker、翻訳:Hiroshi Iwatani)