ネットサービス
資金調達(用語)
Evinced(企業)
アクセシビリティ(用語)

Evincedはウェブのアクセシビリティ検査の迅速化に17.9億円を調達

次の記事

評価額2170億円を超えるMambu、バンキングサービスを強化するSaaSプラットフォームに約140億円を調達

ウェブのアクセシビリティを確立し、維持するのはフルタイムの仕事だ。他のあらゆる開発作業がそうであるように、アクセシビリティのためのツールも時代に合わせて常に進化させなければならない。ウェブサイトのアクセシビリティ検査を開発、発展の段階を問わず深く高速に行うことを約束するスタートアップEvinced(エビンスト)は、このほど、そのツールを次のレベルに引き上げるための資金1700万ドル(約17億9000万円)を調達した。

アクセシビリティの問題はさまざまなかたちで現れるため、手作業のコードレビューでエラーを探し出さなければならないことも多い。自社のサイトは、最初からアクセシビリティが完璧に保たれた状態でなければなければいけないと考えていたEnvinceですら(どのサイトもそうあるべきなのだが)、このメニューを開いている間はこのスクリプトの変数が正しくフックされない、といった事態が起こり得る。

コードレビューを自動で行う方法もあるが、遅かったり、システムが大きすぎたりする。Evincedは、ウェブサイトを使っている間でも数分の1秒で検査が行えるパワフルで洗練されたツールを作っている。発見された問題点は、開発者に便利な方法で共有や対応が可能だ。今や無数の人たちが使っている、おしゃれでJavaScript満載のウェブアプリにも物怖じしない。

ここに、現代的なウェブサイトの例がある。見た目はいいが、明らかにアクセシビリティの問題を大量にはらんでいる(あくまでデモ用のもの)。下の動画では、Evincedの製品が何をしてくれるか、その一部がわかりやすく解説されている。

正直いって、特に驚くような内容には見えないが、既存の法人向けツールはこれほど効率的ではない。ご覧のとおり、ユーザーが(というか開発者だが)このサイトに備わった機能を端から試していくにつれて、ツールはその都度、処理を行っている。フォームの記入やプルダウンメニューを開くといった動作を実際に使ってもらう前に検査しても、まぎらわしい部分を見落とす恐れがあるということだ。

この検査ツールには、Smart RulesやコンピュータービジョンなどのかたちでAIを少しだけ採り入れているため、ある要素がメニューやボタンに見えるのに正しくラベリングされていないといった問題も的確に見抜くことができる。こうした要素には、特有のスタイルや役割がある。何かをクリックすると選択項目のリストが現れる場合は、呼び方はどうあれ、プルダウンメニューと見なされる。

画像クレジット:Evinced

当然のことながら、応急処置方法を提案してくれたり、上司による正式な検査のために問題点を簡単に書き出せるほか、ウェブ開発ツールに期待される機能もいくつか備わっている。これはChromeの拡張機能として、またはAPIやその他の分析やコミットアクションの自動化パーツとしても利用でき、それ以外の形式と同様に、エラーのリストを出力できる。

同社は、2018年ににシステムの開発開始と同時に創立された。翌年、大手企業数社と連携してそのエコシステム内での統合と検査の検証を行った。Capitol One(キャピタル・ワン)は、彼らの最大の顧客となり、現在は投資者になっている。

「以来、私たちは開発した製品をCapital Oneなどの企業で展開してきました(つまり毎日利用していただき、エンド・ツー・エンドのアクセシビリティ運用に役立っています。Capital Oneのブログをご覧いただきたい)。それらの企業は法人ライセンス契約の有償顧客です」と、創設者でCEOのNavin Thadani(ナビン・サダニ)氏はいう。

事実、Capital Oneもこう話している。

Capital Oneは早くからEvincedと提携し、その開発事業に特別な関心を持って指導してきました。それは、構築・展開のライフサイクルを通じて複数の自動検査工程を統合し、ウェブ資産全体(ログインから内部レポジトリを含む)にわたるアクセシビリティのための自動スキャンを可能にする製品の開発とその高速化により、アクセシビリティが確立されたコードをリリースできるよう開発者を支援するというものです。

私たちは、それまで自動検査のみで発見できた数の10倍もの致命的なアクセシビリティ上の問題を検出するEvincedを見てきました。サイトのインタラクティブ性が増すにつれ、キーボードや画面読み上げ機能の使い勝手など、さらに多くの問題が見つかりました。

大企業規模での自動検査は、極めて複雑で時間のかかる作業になりがちです。Evincedは実行速度が40倍と高速で信頼性も高く、4〜5日間をかけていたものが3時間以内にまで処理時間を短縮できた例もありました(さらに最適化は進んでいます)。

投資者(正確にはCapital One Venturesだが)からのものだとしても、すばらしい賞賛の言葉だ。

今回の1700万ドルのシリーズA投資は、M12、BGV、Capital One Venturesが共同で主導し、以前からの投資者である Engineering Capitalも参加している。

デビュー記念のプレゼントとしてEvincedは、サービスの無料プランを発表した。これにはiOSアプリのアクセシビリティデバッガーも含まれる。WCAGガイドラインやARIAの役割を知らないすべてのアプリ開発者の助けになるはずだ。またサイト管理者が登録すると認証が受けられる無料のコミュニティー・エディションのサイトスキャナー、ちょっと試してみたい法人向けの無料試用プランもある。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Evinced資金調達アクセシビリティ

画像クレジット:smartboy10 / Getty Images

原文へ

(文:Devin Coldewey、翻訳:金井哲夫)