ネットサービス
Makuake / マクアケ(企業)

マクアケがクラファン実行者を対象とするファンドを設立、投資1号案件はクラフトチョコレートのMinimal

次の記事

ネット注文したデパ地下スイーツを駅ロッカーで受け取り、西武の新配送サービス「BOPISTA」

クラウドファンディングサービス「Makuake」を運営するマクアケは2月4日、「Makuake Story Brand Fund」の立ち上げを発表した。このファンドは、自社サービス上でクラウドファンディングを実施した実行者を対象に、ブランドの成長支援のための投資を行うことを目的としている。ファンドの立ち上げに加え、マクアケはファンドの投資1号案件としてチョコレートブランド「Minimal(ミニマル) – Bean to Bar Chocolate – 」を展開するβaceに出資したことを明らかにした。

「マクアケは『生まれるべきものが生まれ、広がるべきものが広がり、残るべきものが残る世界の実現』を理念に掲げています。資金集めといった最初の部分をフォローするだけではなく、ちゃんと残っていくところまでサポートしたいという思いから今回のファンドを設立しました」とマクアケの広報担当者はファンド立ち上げの経緯について話した。

すでにマクアケでは、商品が出来上がる前の段階から企業と組んで商品企画のサポートをしたり、クラウドファンディング実施後も販売、EC展開をサポートするなどの形で「Makuake」実行者を支援してきた。今回のファンドは、さらに中長期的に実行者をサポートするためのものだという。

minimal makuake

今回、投資1号案件に選ばれたβaceは、カカオの仕入れからスペシャルティチョコレートの製造、販売まで自社で一貫して行っている会社だ。2019年4月、βaceはガトーショコラ専門店をオープンするため、Makuakeでクラウドファンディングを行った。目標金額100万円に対し、1600万円以上の資金を集めることに成功した。同年βaceは、応援購入総額、サポーターの数、話題性を加味して優れたプロジェクトを選定するマクアケ主催の「Makuake Award」を受賞している。

マクアケは投資1号案件にβaceを選んだ理由について、βaceが「Makuake Award」の受賞者であり、なおかつ彼らのプロダクトが素晴らしく、ものづくりの理念に共感したことが決め手だったという。βaceへの投資はマイノリティ出資で、投資金額は明らかにしていない。

今後の展開としてはパートナー企業と連携し、「Makuake」実施後の実行者のサポートに力を入れていきたいという。また、今回の出資はチョコレートブランドだったが、投資対象のジャンルは問わず、ハードウェアスタートアップでも、地方のものづくり事業者でも幅広く検討していく考えだと話している。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Makuake