遺伝子検査の23andMeがVirgin GroupのSPACとの合併を通じて公開へ

次の記事

セールスフォースへのデータ入力をシンプルにするScratchpadがシリーズAで13.7億円獲得

遺伝子検査とゲノム研究の23andMeは、Richard Branson(リチャード・ブランソン)氏と同氏の会社Virgin Group(ヴァージン・グループ)のビークルである特別買収目的会社(SPAC)のVG Acquisition Corpとの合併を通じて上場する。この取引で23andMeはクローズ時にキャッシュ約9億8400万ドル(約1040億円)を手にすると予想される。同社はこの資金をプロダクト開発、人材採用、 他の成長戦略に使う。そして同社の評価額は約35億ドル(約3700億円)になり、この合併についての話し合いを詳細に報じた先の記事にあった額に近いものになる。

CEOのAnne Wojcicki(アン・ウォシッキー)氏、Linda Avey(リンダ・ エイヴィ)氏、Paul Cusenza(ポール・カセンザ)氏が2006年に創業した23andMeは、2020年12月に発表した8500万ドル(約90億円)のシリーズFラウンドを含め、これまでに9億ドル(約950億円)を調達した。同社は個人消費者向けの在宅遺伝子テストを最初に開始した企業の1社で、個人が自身のDNAについて、そして潜在的な健康問題や先祖などについて情報を得るのに使えるキットを提供している。

直近では、同社は膨大なゲノムデータをオプトイン式の遺伝子研究リソースに保存している。将来の治療の発見に使うためだ。同社はまた、研究と事業の目的でサードパーティとともに収集するデータの統合と匿名化された共有を通じて収益を上げている。

取引には、ウォシッキー氏とリチャード・ブランソン氏の会社の合併に付随するPIPEへの各2500万ドル(約26億円)の投資も含まれる。合併は2021年第2四半期にクローズする予定で、NYSEにティッカーシンボル「ME」で上場する。

このところのSPAC旋風は、多くのスタートアップ、そしてエグジットイベントがないためにテクニカル的にまだ非公開企業だが、手元資金を確保するのにプライベート投資家に頼る要素を持っている23andMeのような非公開企業がエグジットする手法となっている。

関連記事
新型コロナ関連の研究も行うDNA分析の23andMeが約85億円調達
巨大なSPACが現われるかもしれない

カテゴリー:ヘルステック
タグ:23andMeDNASPAC

画像クレジット:ERIC BARADAT/AFP / Getty Images

原文へ

(文:Darrell Etherington、翻訳:Nariko Mizoguchi