ネットサービス
SNS / ソーシャル・ネットワーキング・サービス(用語)
ミャンマー(国・地域)

ミャンマーの新軍事政権がFacebookに続きTwitterの遮断も命令

次の記事

米下院の委員会は暴力的な陰謀論を推進した議員を除名処分に

ミャンマーの新軍事政権は国内の通信会社、インターネットゲートウェイ、他のインターネットサービスプロバイダー(ISP)にTwitter(ツイッター)とInstagram(インスタグラム)を遮断するよう命じた。この数日前には、国の「安定」を確保するために同様の措置をFacebook(フェイスブック)にも取っていた

関連記事:ミャンマー軍事政権が通信事業者にフェイスブックの一時的ブロックを命令

ミャンマーで事業を展開する最大の通信会社の1社であるノルウェーの通信大手Telenor(テレノール)は、政府がISPに「追って通知するまで」TwitterとInstagramを遮断するよう命じたと述べている。

ミャンマーの一部のユーザーは、Twitterにアクセスできないことを確認した。世界のインターネット使用状況を追跡しているNetBlocksは、ミャンマーの複数のネットワークが米国のソーシャルネットワークを遮断し始めていると明らかにした。

ミャンマーの運輸・通信省は現地時間2月5日、TwitterとFacebook所有のInstagramは公衆へのプロパガンダと誤情報の流布で悪用されており、これは国の安定にとって脅威だと主張した。同省は今週初め、2月7日深夜までのFacebookの一時的禁止を命令したときも同様の説明を行った(NetBlocksによると、ミャンマー最大の通信事業者である国営のMPTは、すでにInstagramとWhatsAppのネットワークを遮断しているという)。

2月5日の命令は、民間人指導者Aung San Suu Kyi(アウン・サン・スー・チー)氏や先の選挙で大勝した国民民主連盟の民主的に選出されたリーダーたちを拘束することで権力を掌握した新軍事政権に抗議するために、何千人というミャンマー人がTwitterの利用を2021年2月第1週に始めたことを受けてのものだ。

関連記事:ミャンマーでインターネット接続が急速に低下、国軍がスー・チー氏ら与党幹部を拘束

カテゴリー:ネットサービス
タグ:ミャンマーSNSTwitter

画像クレジット:Aung Kyaw Htet / SOPA Images / LightRocket / Getty Images

原文へ

(文:Manish Singh、翻訳:Nariko Mizoguchi