EnviroTech
投資(用語)
Andreessen Horowitz / a16z(企業)

a16zによる次の気候テック投資がカーボンオフセットAPIのPatchになる可能性

次の記事

インドのジャンムー・カシミール地域で18カ月ぶりに4Gインターネット回線が復活

アーリーステージのカーボンオフセットAPI開発会社のPatch(パッチ)は、Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ、a16z)にとって気候テックへの初期の投資の1つになる可能性がある。

この投資ラウンドについて知る何人かによると、OpenTableの元最高経営責任者であり、現在Andreessen Horowitzのパートナーを務めるJeff Jordan(ジェフ・ジョーダン)氏がこの若い会社の最新の資金調達をリードすることを検討している。

このような投資はPatchにとって勝利だ。ますます混みあってきている分野でAndreessen Horowitzのマーケティング力を享受できる。取引が成立すれば、ベンチャー業界で最も(社会的に)活発な投資家の1つがもっと多くの投資を行う予兆となる可能性がある。

PachamaCloverlyCarbon InterfaceCooler.devなどの企業はすべて、同様のAPIを提供している。必要最小限の労力でオフセットによるカーボンニュートラルを目指す企業が増えるにつれ、この種のサービスの市場は拡大しそうだ。成長する市場は複数のベンチャー投資の勝者を生み出す可能性がある。

Patchの共同創業者とAndreessen Horowitzのいずれも資金調達についてコメントに応じなかった。

Patchのようなサービスに関する懸念の1つは、顧客が事業から排出する二酸化炭素の量を削減するための一歩ではなく、最終的な目的としてオフセットを検討してしまうことだ。気候危機の解決にはさらに多くの仕事が必要になる。

Patchはアパート賃貸サービスのSonderの従業員だったBrennan Spellacy(ブレナン・スペラシー)氏とAaron Grunfeld(アーロン・グランフェルド)氏が創業し、2020年9月にVersionOne Venturesから最初の資金調達を行った。

同社の事業運営に詳しい人々によると、現在約15〜20社がこのサービスを利用している。

同社には、企業のERPシステムと統合することにより排出量を計算できるAPIがある。その後、同量の二酸化炭素を除去するオフセットプロジェクトに資金を投じる。

関連記事:企業向けにカーボンオフセットAPIを開発するスタートアップが急増中

Pachamaのようなサービスは森林再生や森林管理などの低コストの除去ソリューションを優先するが、Patchはオフセットのためのさまざまな投資機会を提供する。同社の計画に詳しいある人は、同社が新しい技術のコストを削減するために、より高価で高度な複数のオプションに顧客を誘導しようとしていると述べた。

オフセットを自動化する他のサービスと同様に、Patchはプロジェクトの追加性(すでに確立されたベースラインを超えて除去する炭素量)、永続性(炭素排出量が除去される期間)、検証可能性に基づいてプロジェクトを評価する。

また創業者らが同社のサービスについて声明で述べているように、顧客が展開すべき唯一のソリューションを意図したものではない。

多くの気候モデルは大気から二酸化炭素を除去しながらも、地球規模で排出量を削減する必要があることを示しています」と創業者らはMediumの投稿に書いている。「当社は企業の炭素削減の目標に取り組み、企業は排出量の削減に力を注ぎます。企業の努力には、より専門的な事業運営の知識が必要とされます。Patchが企業の行動の変化を補完します。これは気候変動を軽減する真のチャンスです」。

VersionOneのAngela Tran(アンジェラ・トラン)氏は2020年9月の発表で、Patchのテクノロジーの防御可能性に関する懸念に答えた。

「また、防御可能性には、質の高い供給の集約と『デジタル化』がともなうと考えています。Patchを市場と見なすとき、企業(需要)は排出量を中和するために購入するプロジェクト(供給)の種類に関心があると考えています」とトラン氏は書いている。「たとえば企業は、持続可能性の遺産を林業や鉱化プロジェクトに結びつける選択をする場合があります。Patchは、最高の炭素除去開発会社および最新の負の排出技術を持つ会社と提携し、低コストで影響力のあるプロジェクトのネットワークを構築しています」。

Patchは気候変動にはっきりと特化しているが、Andreessenは持続可能性というテーマに幅広く、アーリーステージの投資を複数行っている。2020年はSiloへの900万ドル(約9億5000万円)の投資をリードし、2019年にはKoBold Metalsに投資した。

Siloは生鮮食品のサプライチェーン向けにエンタープライズリソースプランニングツールを開発した。現在、卸売農産物に特化する同社は2020年の声明で、来年には肉、乳製品、パントリー製品にサービスを拡大すると述べた。

「Siloのようなイノベーターが廃棄物を削減し、マージンを改善する市場の可能性は非常に大きい。私たちは米国で食品流通の記録システムとしての取り組みをサポートできることをうれしく思います」とAndreessen HorowitzのゼネラルパートナーであるAnish Acharya(アニッシュ・アチャリヤ)氏は当時の声明で述べた。「Siloは西海岸を越えて拡張する潜在力があります。より多くの顧客がペンと紙からソフトウェアへと業務を最新化し、移行できるよう支援します」。

一方KoBoldは、機械学習とビッグデータ処理技術により、企業が新しいバッテリーと再生可能エネルギー生成技術を開発するために必要とする貴金属の新しい分野を開拓するソフトウェア開発者だ。

「KoBoldのソフトウェアは、コンピュータービジョン、機械学習および現在業界では利用できない高度なデータ分析により(ゼロからフルスタックで)デジタルプロスペクティングエンジンを開発することにより、これまで利用できなかったダークデータを従来の地球化学的、地球物理学的、地質学的データと組み合わせます。他のデータネットワーク効果と同様に、時間の経過とともに良くなるモデルにおいて見通しを示します」と、当時のブログ投稿でConnie Chan(コニー・チャン)氏は書いている。

以上を踏まえると、Andreessen Horowitzとその運用資産165億ドル(約1兆7300億円)のプールが再生可能エネルギー業界にどのようにアプローチするかがわかる。

カテゴリー:EnviroTech
タグ:PatchAndreessen Horowitzカーボンオフセット投資

画像クレジット:Luke Sharrett/Bloomberg / Getty Images

原文へ

(文:Jonathan Shieber、翻訳:Nariko Mizoguchi