ネットサービス
サブスクリプション(用語)
KiZUKAI

KiZUKAIがサブスク事業者向けLTV・解約率改善ツール正式版をリリース

次の記事

6980円のスマートリモコン「Nature Remo mini 2」実機レビュー

KiZUKAIは2月8日、サブスクリプション事業者向けLTV/解約率改善サービス「KiZUKAI」の正式リリースを発表した。サービス改善に活用できる状態での顧客データ収集・蓄積、また顧客分析を自動化することで、複雑な顧客データの活用およびLTV/解約率の改善を行えるという。

KiZUKAIがサブスク事業者向けLTV・解約率改善ツール正式版をリリース

サブスクリプション事業者は、KiZUKAIを利用することで、より深い顧客の理解、顧客ごとに応じたコミュニケーションを実現し、顧客にとって必要なサービス改善に取り組めるとしている。

昨年提供を開始した「KiZUKAI β版」は、オンライン英会話サービス「DMM英会話」運営のDMM.com、マンガ配信サービス「GANMA!」運営のコミックスマート、インターネットオークションサービス「モバオク」運営のモバオクなどに利用されているという(2021年2月時点でご利用開始予定の企業含む)。

関連記事
KiZUKAIが「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」2021年版を公開
「Incubate Camp 13th」の総合1位は、次世代の経営管理クラウドサービスを開発するログラス
サブスク向けLTV・解約率改善ツールのKiZUKAIが総額8000万円を資金調達

カテゴリー:ネットサービス
タグ:KiZUKAIサブスクリプション(用語)日本(国・地域)