ソフトウェア
オープンソース / Open Source(用語)
Rust Foundation(組織)
プログラミング言語
Rust(製品・サービス)

プログラミング言語RustにGoogle、Microsoft、AWSなどが開発とメンテの拠点を提供

次の記事

OktaユーザーのクラウドID実装を支援するBeyondIDが9.4億円調達

サバイバルゲームではなくてプログラミング言語のRustが、Rust Foundationという新たな拠点を手にいれた。AWSとHuawei(ファーウェイ)、Google(グーグル)、Microsoft(マイクロソフト)そしてMozillaが米国時間2月8日に立ち上げたこの団体は、2年分で100万ドル(約1億500万円)の予算をかけては「各種のサービスや事業やイベントによりRustプロジェクトのメンテナーを支援し、最高のRustを構築していく」という。

Rustは、C / C++に代わる言語を作ることを目的として、Mozillaの副次的プロジェクトとして始まった。Mozillaの研究員であるGraydon Hore(グレイドン・ホア)氏が設計し、JavaScriptを開発したBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏らが協力したRustは、FirefoxブラウザとそのGeckoエンジン、そしてMozillaのレンダリングエンジンServoの基盤作りに貢献している。Rustは現在も、プログラマーたちの間で人気の高い言語だが、MozillaのレイオフによってRustのチームの多くが仕事を失い、主力のサポーターを失った言語の将来が危ぶまれた。しかしそれでも、そのプロジェクトには数千名のコントリビューターと多くの企業ユーザーがいたため、言語そのものは健在だった。

オープンソースの大きなプロジェクトは多くの場合、方向性を決めていくリーダーや、商標などコミュニティのさまざまな側面を管理する法務的な機能も必要もあり、この新しい団体がその役を担うのだろう。団体の理事会には、創設メンバー5社から理事が1人ずつが選出され、プロジェクトのリーダーとして5名のディレクターが選出される。

MozillaのメンバーでRust Foundationの理事を務めるBobby Holley(ボビー・ホリー)氏は声明で次のように述べている「MozillaはRustを育てFirefoxを改良し、インターネットの改善にも貢献しました。新しい拠点であるRust Foundationは、Rustが言語として独自に成長し成功するための基盤を与えます。それと同時に、MozillaがRustのコミュニティと共有する重要な価値も、そこで継続的に増幅されるでしょう」。

すべての企業スポンサーがRustの受益者ユーザーであり、彼らのソフトウェアスタックの重要な部分をRustで構築している。たとえばGoogleは最近、ウェブのApacheサーバーをより安全にするRustベースのプロジェクトに資金を提供し、MicrosoftはRustのチームを作って、WindowsのAPIの中核部分をリライトしようとしている。またAWSが最近立ち上げた、コンテナのための新しいLinuxディストリビューションBottlerocketには、その大部分がRustで書かれているビルドシステムがある。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:RustプログラミングRust Foundation

画像クレジット:Fernando Trabanco Fotografía/Getty Images

原文へ

(文:Frederic Lardinois、翻訳:Hiroshi Iwatani)