暗号化データを無解読で利用できるDataFleetsをエンタープライズデータのLiveRampが買収

次の記事

Spotifyがようやく米国でも歌詞をリアルタイムで表示する機能のテストを開始

LiveRampがDataFleetsを買収した。この新進のスタートアップは、暗号化されている大量のデータを、解読や転送などをせずに利用できるようにする。エンタープライズのデータ接続性プラットフォームであるLiveRampは、同社に6800万ドル(約71億円)ほどを支払ったが、それは2020年秋のDataFleetのシード資金450万ドル(約4億7000万円)の10数倍の額となる。

DataFleetsは、医療や金融関連の機密データが最近、分析や機械学習のモデルの訓練に利用されるというニーズに着目した。そのようなデータベースは、複雑巨大であるだけでなく、転送も困難だが、それらを解読してどこかで使おうとすると、エラーや濫用、ハッキングの危険性が一気に増してしまう。

同社のソリューションは、病院や銀行などデータのプロバイダーとアナリストやAIの開発者などデータのクライアントの両方にソフトウェアを置き、両者間の安全な仲介者として振る舞う。クライアントは機密データがほしいのではなく、分析のシステムや機械学習のモデルにデータを適用したいだけだであり、値の取り出しと比較や、MLのモデルの構築といったデータに対して自動化されたタスクを実行できればそれでよい。データそのものに直接アクセスする必要はない。

明らかにこのやり方は、LiveRampにとっても価値あるものだろう。同社は大企業に数多くのデータ接続性サービスを提供する企業として、世界中で知られている。同社は先に発表した決算報告で、DataFleetsに前払いで6800万ドル(約71億1000万円)を支払ったことを発表したが、その額には、この種の取引によくある、その他のさまざまなインセンティブや延べ払いは含まれず、しかもそれらは非公開だ。

買収によってDataFleetsというブランドは若くして引退すると思われるが、おそらく同社のさまざまな顧客はLiveRampを目指すだろう。その最新の例がHCA Healthcareで、この全国的にメジャーなプロバイダーは新型コロナウイルスのデータ共有コンソーシアムを発表したばかりだが、そこでもDataFleetsのサービスを利用すると思われる。2020年に商用化したばかりの技術にとって、それは強力なお墨つきになるし、LiveRampにとってもヘルスケアのクライアントが増えたことで良いセールストークの材料になる。

LiveRamp自身は、サービスが強化されたことを機に、2021年にはヨーロッパとアジアとラテンアメリカの事業を拡張したい。さらに同社は国レベルでのプライバシー法を求めている。新政権では、それができるかもしれない。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:LiveRamp買収

画像クレジット:LiveRamp

原文へ

(文:Devin Coldewey、翻訳:Hiroshi Iwatani)