ソフトウェア
Appleマップ(製品・サービス)
Apple / アップル(企業)

アップルの「マップ」に道路情報やスピード違反の取り締まりを報告する機能追加

次の記事

企業の物流における意思決定を最適化しテストするnextmvが8.4億円調達

Apple(アップル)のマップにドライバーが道路の危険情報や事故、スピード違反取り締まりなどを報告できる機能が追加された。新機能は一般ベータ版テスターとデベロッパーに公開されているiOS 14.5ベータ版で利用できるが、2021春まで一般展開はされないと同社は話している。

新機能では、ドライバーは道路の問題や事故をiPhoneのSiriかAppleのCarPlayを通じて報告できる。たとえばナビの途中、ドライバーはSiriに「この先で事故がある」「道路上に何かがある」「ここにスピード違反取り締まりの計測器がある」などと報告できる。また「危険はなくなった」「事故はもうない」と報告して時間が経った事故や危険アラート情報を訂正することもできる。

Siriを使うことで報告エクスペリエンスを安全なものにする一方で、アップデートされたアプリではユーザーは他人に事故や危険情報、スピード違反取り締まり計測器を警告する際、報告ボタンをタップするためにマップ上で上方向にスワイプできるようになってもいる。

アップデートはGoogle(グーグル)が所有するナビゲーションアプリ「Waze」にとって脅威となるかもしれない。Wazeは長い間、道路の状況や事故、警察の存在などを警戒するための人気ツールだった。Wazeではユーザーはスクリーンをタッチしたり、Google Assistantを通じてコマンドを出したりして操作できるが、当然のことながらiOSユーザーのための音声サポートはかなり限定されている。たとえばWazeは現在、Siriショートカットの使用をサポートしているが、マニュアル操作で設定してSiriに加えなければならない。

Appleはこれまで消費者のプライバシーを優先するという姿勢をとってきた。そのおかげで、Appleのエコシステム内だとユーザーデータはより安全だと感じているユーザーに対して、新しいマップの機能はよりアピールするものかもしれない。

また、特筆すべきはスピード違反取り締まり計測器の追加であり、これはマップの方向転換を意味する。Appleは歴史的に自社プロダクトに警察の警告を入れることに反対してきた。しかしそのサポートの欠如が、モバイル端末でのナビとマッピング分野におけるGoogleの支配を許してきた。

Appleの決断は、Wazeにある機能がGoogleマップへと拡大したことに続くものだ。Googleの2つのナビプロダクトの差は次第に曖昧になっている。そしてGoogleは事故や交通、スピード違反取り締まり計測器などをiOSのGoogleマップユーザーに報告する機能を引き続き提供し続けており、今回の機能追加によりAppleのマップから乗り換えを考えていたはずの人は、それが実行しづらくなった。

関連記事:Googleがマップアプリを強化、iOSからも事故や交通取締をレポート可能に

Appleは遅ればせながらこのことに気づいたようだ。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Appleマップ

画像クレジット:Apple

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Nariko Mizoguchi