ネットサービス
料理 / クッキング(用語)
Whisk(企業・サービス)
TikTok(製品・サービス)

TikTokがWhiskと連携して料理動画からレシピを保存する機能をテスト

次の記事

Datadogがアプリのセキュリティ管理プラットフォームのSqreenを買収

TikTokが他社サービスとの統合を拡大し、フード関係のクリエイターがWhiskアプリのレシピに直接リンクできる機能のテストを開始した。TikTokのフード動画にオーバーレイで新たに表示されるようになったボタンからレシピをダウンロードできる。この機能によりTikTokの料理動画は行動につながるものになり、利用者はコンテンツを視聴するだけでなく後で使えるコンテンツを保存するという次の段階へ進めるようになる。

この新しいボタンからWhiskへのトラフィックが大幅に増える可能性もある。最近の「TikTokパスタ」動画のようにレシピがバズればなおさらだ。

TikTokはTechCrunchに対して、このボタンはWhiskとの連携により設けられたもので、現在は「アルファテスト」の段階であることを認めた。TikTokはWhiskと協力して、この新機能を最初に利用するフードコンテンツのクリエイターを選んでいるという。

TikTokのトップフードクリエイターの1人The Korean VeganことJoanne L. Molinaro(ジョアン・L・モリナロ)氏のプロフィールにこのボタンが表示されることが確認できた。

画像クレジット:TikTok(スクリーンショット)

このボタンは、ソーシャルメディアコンサルタントのMatt Navarra(マット・ナバラ)氏がTikTokの@feelgoodfoodieアカウントで初めて発見した。

TikTokの視聴者からすると、この機能の使い方は簡単だ。

テストグループに含まれているユーザーに対して、TikTokアプリの動画に「See full recipe(詳しいレシピを見る)」と書かれたボタンが表示されることがある。このボタンは画面の左下、クリエイター名と動画の説明のすぐ上に表示される。他の動画で「Green Screen(グリーンスクリーン)」ボタンが表示されるのと同じ位置だ。Whiskを使っている人がレシピのボタンをタップするとWhiskのページに移動し、レシピの写真や材料を見たりレシピを保存したりすることができる。

これはすべてTikTokアプリ内で動作する。

クリエイター側は、動画を投稿するワークフローの中で新しい「add link(リンクを追加)」のオプションを使ってレシピのボタンを追加する。

「レシピを保存する」機能がTikTokの動画に追加されたが、この機能は必ずしもフードコンテンツのクリエイターだけに限定されるものではない。Whiskのプラットフォーム上では誰でもレシピのコミュニティを作ることができ、たとえばインスタントのペットフードやスムージーのアイデア、簡単なパン作りなど特定のカテゴリーやテーマに関するお気に入りのレシピを集めるだけでフォロワーを増やすことができる。

画像クレジット:Whisk

Whiskはレシピコミュニティの拡大にも取り組み、キュレーターやクリエイターが自分のウェブサイトを持っていればそこへ、あるいはInstagramやYouTube、そしてもちろんTikTokなどのソーシャルメディアのプロフィールへリンクを張って、Whiskをキュレーターやクリエイターのホームにしようとしている。

ファンはソーシャルメディアでコンテンツを見て興味を持ち、次のステップとしてWhiskを見てレシピを保存したり買い物リストを作ったり、家でそのレシピで料理をしたりするかもしれない。このような「行動につながる」コンテンツは、ストーリーピンでショートビデオに進出しているPinterestへの挑戦とも考えられる。Pinterestのクリエイターはストーリーピンでタップ可能な「ストーリー」形式の動画コンテンツを共有することができ、そこにはレシピや料理の動画も含まれる。

関連記事:iOS 14の画面デザイン機能で注目のPinterestがストーリーピンのベータ版を正式に公開

Pinterestはストーリーピンを他社のショートビデオと差別化する手段にしたいと考えている。2月第1週の業績発表で同社は、ストーリーピンは「エンターテインメントに特化したものではなく」むしろ「ピナーが自分の生活を豊かにするために使えるもの」だと述べた。

TikTokが新しいパートナーとしてWhiskを選んだのは、Whiskが2019年末のサービス開始以降、急速に利用者を増やしていることを考えれば納得がいく。現在、Whiskでは月間150万回以上のインタラクションがある。Google PlayのBest of 2020受賞した

関連記事
Whiskの人工知能レシピアプリは食材を宅配してくれる
米Google Playが選んだ2020年ベストアプリは睡眠改善のLoóna、コロナ時代を反映

TikTokのボタンが他のサービスと統合されるのは、Whiskが初めてではない。

2021年1月に、教育ジャンルのクリエイターを対象に学習プラットフォームのQuizletで同様の機能が発表された。動画のオーバーレイに表示されるボタンから直接、Quizletのデジタルフラッシュカードなどの学習コンテンツにリンクできる。1月の時点では、Quizletのこの新機能がTikTokの動画を別のアプリやサービスに直接結びつけるという大きな取り組みの一部であることはわからなかった。この取り組みはTikTokのコンテンツ、そしておそらくインフルエンサーのスポンサーシップの拡大にもつながるだろう。

TikTokは多くのジャンルで流行を牽引する力があり、画像にブックマークして集めるPinterestに対してその動画版になる効果があると考えられることから、他にもこのような連携が生まれる可能性がある。

TikTokは2020年末に料理、音楽、美容、ファッションの「トップトレンド」を公開した。ファッションに関していうと、TikTokはWalmartと手を組み、インフルエンサーが登場して売上を伸ばすライブストリームのビデオショッピングのテストを実施し、流行のファッションの分野でも動画の刺激が消費者の行動につながる可能性を示した。

関連記事:ウォールマートがTikTokでのライブストリーミング販売をテスト、若年層への販売拡大を狙う

カテゴリー:ネットサービス
タグ:TikTokWhisk料理

画像クレジット:Whisk

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Kaori Koyama)