トヨタ出資の電動航空機メーカーJoby AviationもSPAC経由で上場か

次の記事

現実世界の物理的なセキュリティを近代化するBase Operationsが2.3億円調達

Toyota(トヨタ)がリードしたラウンドで5億9000万ドル(約620億円)を獲得してから1年、Uberの空飛ぶタクシー事業を買収してから数カ月後、Joby Aviation(ジョビー・アビエーション)は特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じての上場を交渉していると報じられた。このディールによる電動航空機メーカーJoby Aviationの評価額は57億ドル(約5980億円)になるとのことだ。

関連記事
空飛ぶタクシー事業目指すJoby Aviationはトヨタ主導で650億円を調達
Uberが空飛ぶタクシー事業ElevateをJoby Aviationに売却、最後の夢の事業から撤退

このニュースはArcher Aviationの大きなSPACディールに続くものだ。ファイナンシャルタイムズ紙の報道が正確であれば、Joby AviationとArcher Aviationは合計100億ドル(約1兆500億円)近いバリュエーションで近く公開企業となる。

関連記事:eVTOL開発のArcherがユナイテッド航空から受注、SPAC経由で上場も

炭化水素以外のもので動く車両を作っているスタートアップが主役になる時代であり、SPACの大きな波が押し寄せている。

電気自動車メーカーのArrival、Canoo、ChargePoint、Fisker、Lordstown Motors、Proterra、The Lion Electric CompanyはすでにSPACと合併したか、合併の計画を発表した。

そして今、あらゆる形態の交通の電動化に関係する企業はSPACというビークルを通じての上場という波に乗ろうとしている。従来のIPOは課題が多いかもしれないと感じており、しかし資金調達という観点でいつまでもスタートアップのままではいたくないという企業にとって、SPACとの合併は今のところかなり人気となっている手法だ。

Jobyを上場させようとしていると報じられた投資グループは、億万長者のテック起業家で投資家、そしてLinkedIn共同創業者のReid Hoffman(リード・ホフマン)氏と、ゲーム会社Zyngaを創業したMark Pincus(マーク・ピンカス)氏が率いている。

両氏は2020年初めに一緒にSPACのReinvent Technology Partnersを立ち上げた。このペーパーカンパニーは上場し、合併のために6億9000万ドル(約720億円)を調達した。

Jobyが上場するとなれば、トヨタやBaillie Gifford、Intel Capital、 JetBlue Technology Ventures(米国拠点の航空会社の投資部門)、Jobyに1億2500万ドル(約130億円)を投資したUberなどJobyを支援している企業にとって勝ちとなる。

Jobyはすでにフライト600回をこなしたプロトタイプを持っているが、まだ連邦航空局に認証されていない。そしてファイナンシャルタイムズ紙が指摘したように、同社とホフマン氏、ピンカス氏のSPACグループとの取引がうまくいくかはわからない。

この取引は、両氏が設立したSPACへの追加の資金注入を必要とするかもしれない。資金の追加がなければすべてが白紙に戻る。実際、これはおそらくみなさんが今この記事を読んでいる理由の1つだろう。

あらゆる種類の輸送車両を動かしすべての移動手段をカバーする電動化は、投資の間で大流行している。部分的にはこれは投資対象となりそうな環境要素、持続可能性、良いガバナンスを備える企業を見つけるというプレッシャーが機関投資家の間で高まっているためだ。

環境への影響はユナテッド航空のCEOであるScott Kirby(スコット・カービー)氏が、Archer Aviationから10億ドル(約1050億円)分の電動飛行機を購入することについて語ったときに言及した要素だ。このArcherは今週初めにSPACを通じての上場を目指すと発表した。

「Archerとの協業で、ユナイテッド航空はよりクリーンで効率的な交通手段を擁する時だということを航空業界に示しています。正しいテクノロジーを活用して我々は航空機が地球に与えるインパクトを抑制できますが、これを早期に現実のものとする次世代の企業を特定し、そうした企業が飛び立つのをサポートする方法を見つけなければなりません」とカービー氏は述べた。

TechCrunchが先日報じたように、今回の動きは、ゆくゆくはユナイテッド航空の乗客の空港送迎ができるかもしれないという新たなビジネスラインへの投資でもある。ArcherのeVTOL1機を使えば乗客1人のハリウッド-ロサンゼルス国際空港間の移動による二酸化炭素排出量を最大50%減らすことができる、とユナイテッド航空は算出している。

Archerがステルスモードから登場して1年も経たないうちに、SPACとの合併契約とユナイテッド航空からの受注となった。Archerは2018年にAdam Goldstein(アダム・ゴールドステイン)氏とBrett Adcock(ブレット・アドコック)氏が共同創業した。2人はSaaS企業VetteryをAdecco Groupに1億ドル(約105億円)超で売却した。Archerの主要投資家はMarc Lore(マーク・ロア)氏で、同氏は自身の会社Jet.comを2014年にWalmartに33億ドル(約3450億円)で売却し、2021年1月までWalmartのeコマース責任者を務めていた。

EV飛行機投資のブームから取り残されたと心配しているSPAC投資家あるいはベンチャーキャピタリストがいるなら、ご安心を。まだドイツのテックデベロッパーLiliumがいる。そしてもし超音速旅行に関心があるなら、Boomがいつでもいる

関連記事:JALとVirginが出資するBoomが超音速旅客機開発計画の詳細を明かす

カテゴリー:モビリティ
タグ:Joby AviationSPAC

画像クレジット:LockieCurrie / Getty Images

原文へ

(文:Jonathan Shieber、翻訳:Nariko Mizoguchi