ネットサービス
Jigsaw(企業・サービス)
イギリス(国・地域)
資金調達(用語)
マッチングアプリ / デートアプリ(用語)

互いの顔がパズルで隠されたところから始まるデートアプリJigsawが約4億円調達

次の記事

Amazon上のFBA店を大量に買い漁るThrasioがさらに約790億円調達

「表面的でない」デート(出会い系)アプリのJigsaw(ジグソー)が、270万ポンド(約4億円)のシード資金を調達し、米国での事業拡大に向け一歩前に進んだ。今回のラウンドは、オンライン・デートサービス企業の潜在需要発掘を行うRelationship Corp(リレーションシップ・コープ)という会社が先導し、米国と英国の「主に」テクノロジー部門に投資するエンジェル投資家からの支援を受けている。

社名が示すように、Jigsawは出会いの化学変化を求めて他の独身者の写真をスワイプするという行為に、「表面的でない」体験を提供することで、少々謎めいた楽しみを追加する。

彼らの(特許を取得した)表面的でない仕かけは、最初は策略じみているように見え、赤面してしまうかもしれない。これは文字どおり、ユーザーの顔の上にデジタルジグソーパズルを重ね合わせ、対話を重ねるごとに徐々にピースが取り除かれていき、アプリ内であらかじめ設定された量のエンゲージメントを達成すると初めて顔が表示されるというものだ。

アプリのFAQによると、写真にデジタルフィルターの類を使用することは禁止されており、「リアル」な自撮り写真のみとなっている。そのため、かわいい猫耳などを写真に追加することはできない。

同社はまだいくつかのトリックを袖の下に隠しているが、将来の計画はその時が来るまで公開したくないようだ(例えていうならば、今のところ同社製品のロードマップは半分完成したジグソーパズルというところか)。

Jigsawは英国のスタートアップで、最高経営責任者を務めるAlex Durrant(アレックス・デュラント)氏と、最高個人情報責任者のMax Adamski(マックス・アダムスキー)氏が、2016年に共同で創設した。彼らは当時、大学生の友人同士だった。数多くのデートアプリがあまりにも表面的であるため、人々が不満を抱いていることを発見した彼らは、2018年に仕事を辞めてプロジェクトに専念。2019年にパズルで顔を覆ったデートアプリを発表し、2020年11月には米国に進出した。

Jigsawは現時点で、これら2つの市場で約15万人以上の登録ユーザーを抱えており、米国では5万人が登録している。新しい資金が潤沢にある今、彼らは大西洋を越えて本格的な事業展開に乗り出そうとしている。

デュラント氏によると、チームは今後6カ月の間に米国で50万人のユーザーを獲得することを目標にしているとのこと。米国のデートアプリでは、相手の表面的なところだけを見てスワイプすることが少ない傾向にあるため、Jigsawにとって参入の勝算があると彼らは考えている。

「私たちは頭がおかしいわけではないので、人の顔にパズルを重ねたほうがよく見えると思っているわけではありません。パズルは表面的なデートサービス業界に向けて私たちが立てた中指です」と、デュラント氏はいう。「パズルはあなたが仰るように、ユーザーが外見を超えてお互いをよく見ることができるように、そして、より有意義で持続的な相互作用を推進するために存在しています」。

現在のところ、Jigsawの顔を覆う仕かけは、16個のピースで構成されたパズルによるものだ。すべての写真は、まず「こっそり覗かれるように」1つのピースが取り外されるところから始まる。そして誰かがその写真を気に入ると(マッチングが成り立つと)もう1個のピースが取り除かれるので、2つのピースが開いた状態でチャットが始まることになる。

さらにお互いがメッセージを交換するごとにパズルのピースが取り除かれていき、最終的にはすべてのピースが消えて顔が完全に明らかになる。うまくいけば、その時点で会話が途切れることもないだろう。

「お互いに6つ以上のメッセージ(合計12個)を交わすことが、有意義な会話には最低限必要であると我々は考えています」と、デュラント氏はいう。「そのため、現在のジグソーパズルは、7回のメッセージが交換されると(合計14個のピースが取り除かれると)、その下にある顔が完全に見えるようになっています。この数字はテストによって決められたもので、今のところユーザーにとってのスイートスポットとなっています」。

デートアプリのユーザーが、心ないスワイプをせず、より多くのチャットを交わすように、顔のビジュアルを覆うというコンセプトは、Jigsaw独自のものではない。「デートアプリ疲れ」を軽減するために「公開を遅らせる」仕かけを施したアプリはたくさんある。別のアプリINYNは、プロフィールが表示される速さを制限している。

また、チャットをするまでユーザーの写真をぼかしてしまうアプリには「Taffy(タフィ)」がある。イスラム教のマッチングアプリ「Veil(ベール)」では、「デジタルベール」機能(不透明フィルター)が用意されており、相互にマッチするまで男女ともすべてのプロフィール写真に適用される。

Willow(ウィロー)」のような他の「反表面的」なデートアプリは、Q&A形式のアプローチを試みており、互いの質問に答えていくと、さらに多くの写真が見られるようになっている。このように、すべてが明らかになるまで時間がかかるように作られたアプリは多い。

しかし、Jigsawはこのような「ゆっくりと明らかにする」形式に、おそらく最も視覚的にわかりやすい(そしてゲーム的な)仕かけを採用した。それはすぐに明らかになるものの、しかし「恋は盲目」になりがちな他のデートアプリの平均に比べれば、ゆっくりと明らかになることは確かだ。

我々が確認したところによると、そのシード投資はユーザーを買うためのものでもないようだ。

Relationship Corp.は、デートアプリにユーザー獲得 / トラフィック生成サービスを提供しており、投資先にもそれらのアプリが含まれる。だが、デュラント氏によれば、Jigsawの場合はストレートなエクイティ投資であるという。つまり、その成長する能力に自信を持っているようだ。

「彼らは非常に地味だが、業界ではよく知られています」と、デュラント氏はシード投資を先導した投資家について語る。「同社のCEOであるSteve Happas(スティーブ・ハパス)氏は、以前ProfessionalMatchを起ち上げた人物で、(投資の一環として)当社の諮問委員会のメンバーでもあります。私たちには彼らと協力してユーザーを獲得する選択肢もありましたが、そうではなく、彼らは私たちのチームを顧問としてサポートしてくれています」。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Jigsaw資金調達デートアプリイギリス

画像クレジット:Jigsaw

原文へ

(文:Natasha Lomas、翻訳:Hirokazu Kusakabe)