VC / エンジェル
DX / デジタルトランスフォーメーション(用語)
重工業(用語)
テキサス(国・地域)
Ironspring Ventures(企業)

テキサス州伝統の重工業のDXを目指すIronspring Venturesが64.8億円の新たなファンドを構築

次の記事

Notable Healthはインテリジェントな自動化で新型コロナワクチン管理の効率化を目指す

メキシコ湾岸沿いの化学精製所から西部の油田まで、テキサス州では重工業が常に経済の大きな部分を占めてきた。

現在、ベンチャーキャピタルがカリフォルニア州からの大脱出の一環として同州に進出する中、新しいファンドがテキサス州における産業の過去とハイテクな未来を結びつけようとしている。

そんなファンドの1つであるIronspring Venturesが、資金調達開始から2年間で、最初の投資ビークルを6100万ドル(約64億8000万円)でクローズした。

同社の主なパートナーは、スタートアップへの初期的投資を専門とするHolt Venturesの共同創業者であるAdam Bridgman(アダム・ブリッジマン)氏とPeter J. Holt(ピーター・J・ホルト)氏、そしてG.E. VenturesとPritzker Groupの元投資家であるTy Findley(タイ・フィンドリー)氏らとなる。ブリッジマン氏によると、彼らの協力の成果であるIronspring Venturesのベンチャーは、「レガシーな重工業の全域におけるデジタルの採用を加速すること」をミッションとするという。

Ironspringのチームの各メンバーは、産業技術と関わってきた長い履歴があり、テキサスの経済に深く根を下ろしている。マネージングパートナーのフィンドリー氏は「テキサス州東部の人里離れた場所」で育ったが、家族はテキサスとルイジアナの州境一帯に複数の企業を持つ起業家の出身だ。

「その後、もう1人の共同創業者でマネージングパートナーであるPeter Holt(ピーターホルト)氏と一緒になった。それが、デジタル革命の初期段階にあるレガシーな業界に投資するという、広漠としたミッションを追う第一歩になった。業界の文化をよく知る稀な経験を持つタイ・フィンドリー氏との出会いは、幸運なことだった。しばらく共同で資金調達を続け、お互いをよく知ることに努めた。我々が力を合わせてファンドを立ち上げ、構築していった2020年12月までの最後の1年半は、すてきな旅路だった」とブリッジマン氏はいう。

3人にとって最初の投資は、リモートワーカーに情報とサービスを提供するAugmentirだった。「私たちは、何もかもが『工業のデジタル化』という言葉に行き着く。しかし、この国のGDPの大半が製造業であることを知らない人も多く、彼らとのギャップは大きい」とフィンドリー氏はいう。

現在、Ironspringは4つのポートフォリオ企業に投資している。

  • Mercado:インポートの工程を改善するサービスを開発
  • Icon Build:建設業のための3Dプリントツールと技術を開発
  • FastRadius:プロトタイピングと工業デザインのためのデザインツールとサービスを提供
  • GoContractor:安全性とコンプライアンスの管理サービス

パートナーたちによると、同社の投資サイズは1件が100万ドル(約1億600万円)から400万ドル(約4億2000万円)ほどで、平均すると約250万ドル(約2億7000万円)となる。つまり現在は、「プレシード」クラスの案件を追っているということだ。

そして今、同社が求めているのは多様な工業製品に対して製品の設計から、製造そしてサービスの提供までの過程をDXする総合的なテクノロジーだ。

「我々自身もそういうテーマを軸にまとまっていきたい」ブリッジマン氏は述べている。

カテゴリー:VC / エンジェル
タグ:Ironspring Venturesテキサス重工業DX

画像クレジット:chain45154/Getty Images

原文へ

(文:Jonathan Shieber、翻訳:Hiroshi Iwatani)