リーガルテック
LegalForce
資金調達(用語)

AI契約書レビュー支援や契約書管理クラウド提供のLegalForceが30億円を調達

次の記事

コンピュータービジョンで駐車場をアップグレードするMetropolisが43.5億円調達

AI契約書レビュー支援や契約書管理クラウド提供のLegalForceが30億円を調達

AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」、クラウド契約書管理システム「Marshall」 を提供するLegalForceは2月17日、シリーズCラウンドにおける第三者割当増資約27億円と銀行融資約3億円を合わせて、約30億円の資金調達を発表した。増資と融資をあわせたシードラウンド以来の累計調達額は約45億円となった。

引受先は、米WiL, LLC.(WiL)、ジャフコ グループ、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、DIMENSIONなどのそれぞれが運営するファンド。借入先は、日本政策金融公庫より三菱UFJ銀行との協調融資体制によるもの。

LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名が創業。独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の課題を解決するソフトウェアの開発・提供している。京都大学との共同研究など学術領域にも貢献しているという。

また、2019年4月にLegalForce正式版のサービスを提供開始、2021年1月よりMarshall正式版を提供している。

AI契約書レビュー支援や契約書管理クラウド提供のLegalForceが30億円を調達

関連記事
LegalForceがクラウド契約書管理システム「Marshall」のオープンベータテスト開始
締結済みの契約書を自動でデータベース化、LegalForceがクラウド契約書管理システムの事前登録受付を開始
契約書レビュー支援のLegalForceが株主総会議事録やファクタリング契約書などを含む書式・ひな形120点を追加
AIが数秒で契約書をレビューする「LegalForce」が10億円を調達、導入企業は250社を突破

カテゴリー:リーガルテック
タグ:資金調達(用語)LegalForce日本(国・地域)