モビリティ
ヨーロッパ / 欧州(国・地域)
電気自動車 / EV(用語)
Ford / フォード(企業)

フォードが2030年までに欧州向け全車両を電動化

次の記事

SpaceXが最新ラウンドで約900億円調達との報道、評価額は約7兆8360億円に

Ford(フォード)は米国時間2月17日、2030年までに欧州市場において電気自動車のみの販売を目指す新戦略を発表した。そのために10億ドル(約1060億円)を投じてドイツのケルンにある工場を改修し、Volkswagen(フォルクスワーゲン)のプラットフォームを使用して電気自動車を生産する予定だ。更新された工場における最初の生産車は、2023年までに出荷される予定となっている。

ヨーロッパフォードのStuart Rowley(スチュアート・ローリー)社長は同日、オンライン記者会見で発表した。

この新しい戦略では、ガソリン車から電気自動車への段階的な移行を目指す。Fordは2024年までに欧州で生産するすべての商用車を電動化するとしている。その2年後には、全ラインナップを電気自動車またはプラグインハイブリッドカーに転換する計画だ。なお同社によれば、2030年以降も欧州ではガソリン車の商用車を販売するとしている。Fordは現在、欧州での販売台数の3分の2を電気自動車が占めると見ている。

Fordの発表は、2035年までに電気自動車を中心に生産するとしたGM(ゼネラルモーターズ)による同様の公約に続くもので、同社は2035年までにほぼEVのみを生産すると述べている。FordもGMも、GMがほとんど撤退した欧州市場では小さなプレイヤーであり、Fordの市場シェアはわずか5%に過ぎない。

関連記事:GMが2035年までの全新車ゼロエミッション化、2040年までのカーボンニュートラル達成を発表

カテゴリー:モビリティ
タグ:Ford電気自動車ヨーロッパ

画像クレジット:

原文へ

(文:Matt Burns、翻訳:塚本直樹 / Twitter